見出し画像

Relationship between Wowoo and Wowoo Exchange

WowooとWowoo Exchangeの関連性について

Today I'd like to talk about the relationship between Wowoo Project (which I am leading) and Wowoo Exchange, the cryptocurrency exchanges operator.

本日はわたしが代表を務めるWowooプロジェクトと、取引所ビジネスを展開するWowoo Excahngeプロジェクトとの関連性について取り上げたいと思います

As you might know, Wowoo project has formed in the late 2017 and conducted its ICO campaign with the issued original token Wowbit (WWB) in early 2018.
The definition of ICO, in terms of as the mothod of fundraising or of an investing opportunity has greatly changed over the years, however, we are still able to see the future in various assets becoming tokenized or the Blockchain as a technology will be introduced in every corner of our society. We, Wowoo also aims to utilize the power of Blockchain to empower not only companies or projects with major brand, but also ordinary individuals to issue original tokens (or use WWB) in different situations, to create a new value (Token Economy) in the society through Social medias or E-commerce.

ご存知の方も多いかと思いますがWowooは2017年末頃よりプロジェクトとして立ち上がり、2018年初頭にプロジェクト独自のトークンとしてのWowbit(WWB)を発行したICOを実施しました。今でこそ資金調達の方法論や投機対象としてのICOの意味合いは大きく変わってしまいましたが、世の中の様々なアセットのトークン化、ブロックチェーン技術の普及については今後ますます加速されていくと考えられており、我々Wowooもまた、ブロックチェーン技術の特徴を活かしブランド力をもつ企業やプロジェクトだけでなく個人の誰もが用途に応じたトークンを発行し(またはWWBを使うことで)、SNSサービスやEコマースを通じて新しい価値(=トークンエコノミー)を創生することを目指しております。

Through the visions of our proposed Ecosystem, we definitely saw the situations whereas people would own various tokens and exchange it with goods or services, but also the needs of exchanging to other tokens or even fiat currencies. The reason why we had released our mobile wallet prior to anything else of our project was because of our wish to make tokens closer to our daily lives. Our DEX app to be released soon will serve as both wallet and trading tool.
However, as IT society changes every day, it is not possible to abandon the literacy of security and compliance to run a successful business, so we at the same time felt that we needed alternative functions to serve for professional investors too with the understanding of RegTech field.

我々が掲げるエコシステムのビジョンにおいては今後世界中の人々が保有する各種トークンが物品やサービス以外にも異なるトークンへの交換、また場合によっては法定通貨への交換が必要とされるケースも当然想定されておりました。Wowooプロジェクトが何にも先駆けてリリースしたのがモバイルウォレットであったこともトークンの保有を身近なものにしたいという考えからであり今後リリースするDEXアプリについてはウォレット機能だけでなくトレーディング機能が実施されることとなります。
ただし、日々目まぐるしく変化するIT社会においてはセキュリティやコンプライアンスは蔑ろにできるものではなく、REGTECHを十分に理解し個人だけでなくプロの投資家のニーズにも対応できるようなサービスを展開していく必要性も同時に感じておりました。

In 2018 we had gathered with the pioneers of Crypto space and decided to start Wowoo Exchange project in the aim to establish exchanges that are permitted by governments’ across the world, that not everyone can make. (In fact most of the exchanges are complete wild-wild-west style)

そのような中で2018年にブロックチェーン界におけるパイオニアたちの叡智を集結し、誰にでもできる無法地帯な取引所ではなく各国の法規制を遵守し認定されたライセンスドエクスチェンジとして他国展開することを目指したWowoo Exchangeプロジェクトが発足されました。

Although Wowoo Exchange shares the similar visions with Wowoo, I had no experience of Exchanges (stock or crypto) or connections with the governments etc, so we decided to collaborate as the brand licensor of "Wowoo" and serve as the branding partner.

Wowooプロジェクトと世界観を共有しているものの、わたし自身は取引所ビジネスの経験も財政界とのコネクションもありませんでしたため、共にブロックチェーン業界を盛り上げる意味において「Wowoo」というブランドライセンスの提供をさせていただきパートナープロジェクトとして関わらせていただくことになりました。

We have been reported that in order to start Wowoo Exchange project, our partners have carefully examined the legal aspects and chose the appropriate local partners and decided to start in Singapore as the 1st exchange. Although as a result, the government policies have changed too often that it took longer than expected to open the exchange, but the preparation went good to aim for acquisition of crypto exchange license.

プロジェクトを開始するにあたりリーガル面や協力体制を結ぶ現地パートナーを慎重に精査し、プロジェクトの第一号として選定されたシンガポール共和国の取引所は日々変化するコンプライアンス事情に左右されオープンまでに大変な時間を有してしまう結果となりましたものの、妥協せずに徹底した準備を行うことができたと聞いております。

I personally as an investor, I can easily understand the investors in the project would prefer speed over quality and as long as the metal is still hot, there are more price actions to be expected.. So I was crossed about it but as a representative of the company, in which especially is the brand owner I felt that it was worth preparing to avoid security risks in order to not make the same mistakes as the other hacked exchanges, and instead run the exchange under the open eye of governments rather then being invisible. We are still only at the starting line but hopefully our effort will pay off.

これまで自身でも投資を積極的に行ってきた経験から、投資家目線で考えた場合に質よりもスピードを求め、期待感が高いうちであれば最善のプライスアクションを狙えるだろうという気持ちも十二分に理解できたので苦い思いはございましたが、ブランドを共有する弊社の立場においては昨今多発したハッキング事件などのセキュリティリスクは徹底的に排除し、すべてが不透明な運営を行うよりも各国の法規制の下で認可された万全の体制で行える方が長期的なレバレッジが必ず効くと信じておりましたため、まだまだスタートラインではありますが今後に期待しております。

After Singapore, Wowoo Exchange is now working on Hong Kong and Labuan (Malaysia) exchanges, and these 2 project is no different from the whole concept to prioritizing to become the licensed exchange, and expand its advantage in the time of reverse of power balance in the current exchanges. There seems to be much more improvements needed in the systems and operation of their project, but we will make sure to encourage them to improve the user experiences constantly and establish as a project that follows our brand image.

現在シンガポールに続いて香港マレーシアのラブワンでの取引所運営を着手しておりますが、こちらも同様にライセンスドエクスチェンジとなることがすべてに先導したプライオリティであり、今後中長期的に逆転が起きるであろう現在の取引所事情の中でアドバンテージを発揮できる存在になることを目指していると聞いております。
システム面やオペレーション部分でまだまだ改善点が散見されるようですが、ユーザーエクスペリエンスの部分で改善が常に行われるように弊社からも提言を続け、ブランドイメージに沿ったプロジェクトに育つよう働きかけて参ります。

Lastly, I personally as well as Wowoo have been receiving crazy number of inquiries on the situation of WWX token. You may read about my opinions on token values or ICO in my first article here, but I am not able to make any comments on this matter. Please allow me personally to focus on WWB and business development of Wowoo products.

(Now, for the last 2 years there are not a single day for me that I did not see any claims and anger towards myself, my project, my partner projects, so please rest assured that those comments are well heard by me.)

また、WWXトークンについても弊社だけでなく私自身にも多くのご連絡を頂いております。トークン価格やICOに関する私個人のスタンスは過去の記事をご参照いただければよいと思いますが、価格に関しては一切のコメントを控えさせていただきます。大変恐縮ですがわたし個人と致しましてはWWBやWowooの各プロダクトにおけるビジネス開発に注力させていただければと存じます。
(ちなみに批判や怒りのコメントはここ数年一日も欠かす事なく目にしておりますので、皆様の気持ちが届いていないということはございません点はご安心ください。)

The principle of the value on Utility Tokens are very simple. It lies on the rarity that the tokens can be used on something absolutely unique. Yes, the quality or fame of the service is the factor to maximize the price fluctuations brought as a side effect of market supply and demand, so we assure you that we will keep focusing to create an attractive long-lasting business as Wowoo and Wowoo Exchange.

ユーティリティートークンの価値は本質的にはシンプルなものであり、ユニークなサービスで利用できるという希少性のみに起因します。取引の需給によって値動きが生じるサイドエフェクトを最大化させるのもまたサービスの質や著名度であったりするので、Wowooプロジェクトについても、Wowoo Exchangeについても引き続き長期的に魅力のあるビジネスモデルを追求していきたいと思います。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
Founder and CEO of Wowoo. Note that opinions here are not company official and is not a solicitation for investment in any terms.
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。