ポール・ソロモンと日月神示が予言する次元上昇(アセンション)の真実
見出し画像

ポール・ソロモンと日月神示が予言する次元上昇(アセンション)の真実

山田高明 Takaaki Yamada

前回の記事では、ポール・ソロモンさんとトドメノフミ(のたぶん増井りんさん)に降りた神霊が同じだった可能性について述べました。

そして「どんな方法」で人類が選別されてしまうかも・・。

だとしたら、日月神示の岡本天明さんに降りた神霊もそうかもしれない。

ポール・ソロモンさんはこんな預言をしています(傍線太字筆者、以下同)。

(中略)あの極移動は突然起こるであろう。そしてこの地域は、これら一連の変動、地殻のおよそ三度にわたる崩壊に見舞われるであろう。あの赤い惑星が接近する時、その接近につれて地殻がその方向にひきつけられる。その結果、この地域で三度の別々な気温の変化が起こり、この地域においても、またこの星の表面大半において、いかなる種類の動植物も生存することはほぼ不可能となる。 出典『地球の変動と新惑星地球』(P31~P32)

こういう話ですが、例によって「話半分」「当たるも八卦、当たらぬも八卦」の気持ちでお願いします。

映画『渚にて』の人々みたいに、仮に世界が終わるとしても、私たちは決して自暴自棄にならず、それまでの日常生活をまっとうすべきです。

実際、ポール・ソロモンさんはノーベル平和賞候補にまでなった人物ですが、預言の時期に関しては、あまりに当てにならない部分も少なくない。

■終末の時「何らかの星」が太陽系に侵入してくる?

ところで、彼は「赤い惑星」が接近して来ると言っていますね。

前回は「コホーテク彗星」と言っていました。

すると、ここでいうレッドプラネットとは、もしかして「赤い彗星」という意味で使っているのかも・・。

ま、まさか、シャアが来る!

Ascension シャア

ま、シャアは来ないと思いますが・・。

ただね、真面目な話、ポール・ソロモンさんに限らず、

終末の時に、何らかの赤い星や彗星、矮星(比較的小さな太陽・準恒星のこと)などが、われわれの太陽系に侵入してきて、それがきっかけで大異変が起きる

という予言は、昔から結構あるんですね。

例の「ニビル」もそうだし、UFOコンタクティのエディ・ワタナベ氏なども似たことを言っている。

ある現代の日本人も言っていますが、その話は今度にします。

日月神示も「至恩之巻 第16帖」で、こんなことを記している。

この続きをみるには

この続き: 3,400文字 / 画像2枚

ポール・ソロモンと日月神示が予言する次元上昇(アセンション)の真実

山田高明 Takaaki Yamada

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。よろしくお願いします。
山田高明 Takaaki Yamada
スピリチュアル・聖書預言・予知予言・NWO・陰謀論などの分野が得意。小説も。 サイト「新世界」「フリー座」等を運営。