見出し画像

大戸岬著「今日は残りの人生の初日」レビュー

こんにちは、四葉かなえです。
この度、ツイッターで親交の深い大戸岬さんが、ご自身初の電子書籍を出版なさいました!!
(おお〜〜!!!)

しかも、私もお世話になった㈱まんがびとの平田さんとのタッグ!!!
(うぉおおお〜!!)

個人的に、この時点で胸熱すぎて目頭が熱くなるレベル。

まずは、おめでとうございます。
と同時に、ステキな本を世に送り出していただきありがとうございます。


ツイッターで「熱意の伝導師」の異名を誇る大戸さん。
ツイッターでは、力強い言葉を武器に急成長を遂げる彼。
いつもは「#誰が顔デカやねん」をネタにからかってばかりの私ですが、今日はマジメに紹介しましょう(笑)

大戸岬さんのツイッターはこちら

大戸岬著「今日は残りの人生の初日〜夢を追う底力〜」ブックレビュー

書籍の中では、大戸さんが自身のツイッターに投稿した珠玉のツイート100編が掲載されています。

ツイートを見直せば巡り会える言葉たち…ちょっと、そう思って侮っていた自分がどこかにいたのですが(大戸さん、ごめんなさい)。

実際に読み終えた今、彼の熱意と優しさに改めて触れることができ、読了感がハンパないです。

前向きな言葉。
人生の応援歌。
彼の経験に裏打ちされた魂の乗った言葉たちに触れ、心なしか脳内がスッキリと整った気さえします。

自分に迷ったとき、自信をなくしてしまったとき、もう一度手に取りたい一冊。
繰り返し読み返すことで、失いかけていた『熱意』や『自信』を取り戻すことができます。

本編の一部をご紹介しますね。

この言葉に背中を押される方は多いでしょう。
「勇気を持つ」とは、自分に向けた言葉なんだと気付かされました。
怖いと思う自分を認めること、そこから始まるのだと。

これは、自戒を込めて自身に言い聞かせたいです。
継続は力なり、ですね。

大戸さんの優しさが詰まった文章。
「ありのままでいい」そう認めてもらえた気がします。
自己を責めず、陥れず、認めてあげることでさらなる力を発揮する。

優しくも力強い言葉に、大戸さんの人柄を見ました。

出版社 ㈱まんがびと と平田さん

㈱まんがびとの『10分で読めるシリーズ』は、同社の看板商品と言えます。
通勤時間、空き時間に気軽に読めるボリュームながら、実践的な内容ばかり。

多才な作家さんを抱え、人気の連載も多い。
10分を有益な時間に変える、気付きや教えを提供してくれます。

電子書籍というフィールドで躍進を続ける㈱まんがびと。
平田さんは、同社の代表を務めているすごい方です。

私はお会いしたことがないのですけど、いつも言いようのない期待感とワクワクを持ったハートウォーミングな方です。
いい意味で少年らしさを失わない。

人を見る目はピカイチで、人気作家を多数排出。
その多くは、平田さんが才能の芽を見出したものと思われます。

私にとっては、恩師であり尊敬してやまない方。
ツイッターでは、冗談を言い合うことのほうが多いですけどね(笑)

平田学さんのツイッターはこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

その気持ちが宝物
6
ウェブライター四葉かなえです🍀 ハイクオリティを己に命じ、推敲に命掛けてます👓 プレッシャーに強い鋼の心臓と、ありあまる体力が持ち味✌ 自らの思いが誰かの糧になると信じて、記事を作り続けます✎ ツイッター https://twitter.com/fourleafs_true

コメント2件

書くことを本業にされている方がこうして別な方の本を評するの読むのってまた面白いですね!
ひのたけさん、ありがとうございます。
私、何を隠そう普段はほとんど本を読まないのですけど🤣

これはとても読みやすかったですねー。
そして、大戸さんと平田さんにはとてもお世話になっていますから!
気持ちだけ😊

ありがとうございます✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。