見出し画像

「アフターゾンビ時代の建築」について対談したい

建築関係の人と、「アフターゾンビ時代の建築はどうあるべきか」という、どうでもいいテーマのガチ対談をしたいなぁと思う今日この頃。できれば建築雑誌かデザイン雑誌で、大真面目に。

別にゾンビでなくてもいいのだけど… ゾンビは「世界のルールが変わった時、デザインはどう対応すべきか?」という頭の体操にとても便利そう。

アメリカ疾病予防管理センターも、米国防総省も、みんなゾンビを使って、「想定外の事態が起きても、どう予測して行動するか?」の訓練をしてる。そんなわけで「もしゾンビがいたら」という思考実験は、デザインの世界でも、色々と思考の枷を外してくれそうだなと。

例えば、ゾンビが大発生する世界では、「人間は移動できるが、ゾンビの動きは制限される」が要件として強く求められる。そうすると坂や階段よりも、ハシゴやロープ、手すりのない通路、超急なスロープ…などの需要があがったり。

画像3


結果、たとえば高床式倉庫みたいな、1階が空中に浮いた構造なども求められるだろう。簡単に踏破されがちな壁を作るより、こっちのほうが安全だと思う。

画像4


地面に通路を作るより、屋根と屋根をすぐに落とせる吊り橋やハシゴでつなぐ方が、安全かもしれない。ロープ&滑車なら人間しか移動できない。

画像2


区画も感染爆発を防ぐために、ブロックごとにこまめに区切られたり、ロンドン橋のごとき、物理的に区画遮断できるしくみが大事になるとか。もちろん、リモートワークも推進される。

個人的には、デカイ橋に注目してる。橋の裏というか下に、ミノムシみたいにつるさがることで、安全を担保したスラム街が生まれそうだなぁと。

画像1


街を階段状に設計することで、「高台のゾンビは低い方向にいくが、低いとこのゾンビは侵入できない」みたいな…ゾン流(ゾンビの人流的なもの)をコントロールして、街からゾンビを排除する仕組みとかもありえるかもしれない。

画像5


こういう「前提条件一つで、世界がまるっとかわる」というのは、頭の体操にはとても良いので、何かの機会でやってみたい。

あるいは、note建築クラスターの記事を読んでみたい感。暇な人は #対ゾンビ建築 でぜひぜひ。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、コロナでオフィスいけてないので、コロナあけにnoteチームにピザおごったり、サービス設計の参考書籍代にします。

オススメの本は「予想どおりに不合理」
293
noteのCXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 サービス設計やnoteのカイゼン報告などについて書いていきます。

こちらでもピックアップされています

RTマガジン
RTマガジン
  • 94本

ダイハードテイルズ局員がピックした記事です。このマガジンに収録された記事は、diehardtales.comのトップページタイムラインに表示されていきます。現在テスト運用中です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。