カイゼン

「スキ」してくれた読者に、お礼のメッセージを送れるようになりました

noteの「スキ」ボタンに、ちょっとユニークな機能がつきました。

こんな風に、お礼のメッセージが表示できるようになりました!(現在はWEB記事ページ末尾の「スキ」ボタンのみ対応)

これはnoteのコミュニケーションを、より楽しく、より人間味のあるものにするためのものです。

noteでは単純な数値的なグロースだけでなく、創作や情報発信をより楽しくすることも大きな目標と考えています。ユーザー間でのインタラクションの拡大、「スキ」ボタンを押すのがもっと楽しくなるといいなぁ…と思います。


この機能が好意的に受け入れられる場合、将来的には以下のようなこともできたらいいなぁと思います。

・記事下の「スキ」ボタンだけでなく、他の「スキ」ボタンへの拡張
・お礼メッセージに複数バリエーション


お礼メッセージの設定方法

やり方は簡単。noteのアカウント設定画面の下の方にある、「スキへの返事を追加する」のセクションで設定ができます。


今回の機能は佐賀野さんga9jiさんが頑張ってくださいました!

引き続きチームみんなで、サービスのカイゼンに努めます。よろしくお願いいたします!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

わーい(お返事がランダムに出せるようになりました)
458
piece of cake CXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 UXデザインやUIデザイン、noteのカイゼン報告などについて書いていきます。

この記事が入っているマガジン

コメント9件

これいいですね。交流してる感あります!
noteを始めたばかりですが、機能を知れば知るほど、この場が好きになります。

こーんなにも気持ちいい発信&交流の場があることに感謝です。

ありがとうございます✨
今更ですが新規参入組でいま、今年からの機能だと知りました。
スキ魔の私には大変嬉しい機能です。クリエイターさんをまぢかに感じるし、私のノートの読者さんにも私の言葉でお礼できます♡♡♡
あとコメント欄でも直接お礼が言える♡こないだ、ずっと前に助けてもらった本の著者さんに直接お礼言えて。感動した。note大好き♡です♡♡
まだ新人ですが、そういう機能のお陰様で、多くの人とのコミュニケーション楽しんでます。
今回の私の最新ノートは、noteあるあるネタだったからか、今までで一番反響が速くてびっくりです。皆似たような経験してるんでしょうね〜仲間意識アップできて一人暮らしも寂しくないです。
寂しいのは財布とオツムの中だけ〜w。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。