見出し画像

借金の本質とはタイムマシンである

ほとんどの人は「借金怖い!絶対しない!」と考えています。ところが、どうもお金持ちや経営者の多くは「借金!最高!ガンガン借りたい!」と思うようです。

どうも経営者の人々は、借金にたいする感覚が違うみたいなんですね。スタートアップをお手伝いしていると、メンバー間でこの感覚のズレが問題になるケースがあります。

そんなわけで、借金とは何で、どういう効果があるのか。わかりやすく説明しておきたいなと。


借金はタイムマシン

現象としての借金は、「返済をともなう金銭の移動」です。実は、借金の本当のポイントは「未来に持っているはずのお金を、現在に投入できること」です。

つまり借金とは、タイムマシン。

手元にないお金を、未来の自分から受け取り、今使えるようにするツール。

この視点で考えた場合、借金をつかいこなすポイントは、「この瞬間にお金をつかうことが、あなたの人生にとても重要な意味をもつか?」になります。

よい借金
・これから長期で価値を産むものを今買う。
・この瞬間のゲームオーバーを回避する

悪い借金

・未来のお金を、いま浪費しちゃう
・未来のお金を、いま使う必要のないことに投入する


よい借金1:  スキルを序盤で買う

では実際に、「よい借金」の具体例を見てみましょう。一番わかりやすい「よい借金」の例は、教育やスキル習得のための借金です。

たとえば英語のような能力。英語を80歳で取得しても、10年ほどしか役立ちません。その用途もほとんど趣味でしょう。一方で英語を20歳でマスターしていたらどうでしょう。おそらく60年近く、人生の選択肢や収入に大きな影響をもたらします。

このように、「序盤で獲得することで、その後の長きにわたって影響を及ぼす資産」は、借金をして入手する合理性を持ちます。


よい借金2: 強い武器防具を序盤で買う

同様に、人生で必要な耐用起源の長い機材の購入も、よい借金の使い道です。

たとえばフードトラック。レンタルしながら10年貯金をしてフードトラックを買うよりも、さきにフードトラックを手に入れてから、10年返済を行うほうがよいでしょう。

正直に貯金をして買うと、大幅な時間のロスが生まれます。貯金がたまるまで事業が始められなかったり、レンタルで代替物を借りるコストがかさみます。その遅延は、そのまま利益の減少を意味します。


よい借金3: お金を産む機械を序盤で買う

もしもこの世に自動でお金を産んでくれる機械があったら… それを30歳で取得するか、70歳で取得するか。これは、人生に大きな影響を産みそうな差です。

こういった例は、賃貸用マンションなどの不動産が該当します。本来なら「35年貯金してからマンションを買う」であったものが、借金によって「マンションを買ってから35年払う」に変化します。

マンションの取得と家賃が、35年手前で取得できるようになります。モノの利用期間や価値を、前倒しで入手できるわけです。この効果は、複利で富をうる仕組では、さらに圧倒的な価値を出します。


よい借金4: 「この瞬間のチャンス / リスク回避」を買う

特定の瞬間に激増したコストをやりすごすための借金も、よい借金です。今週シリコンバレーにいることに意味があるなど、この瞬間にしか買えないチャンスを買うムーブです。

防御的には、「今週500万持ってないと、会社が不渡りしちゃう」などの使い道も、同じです。人生の転換点に瞬間的にお金が必要ならば、それは借金をしてもOKシナリオです。


一方で、借金をするまえに注意しなければならないシナリオは、

・特に価値のあるスキルでなかった
・特に賞味期限が長くなかった
・特にお金を産まないものだった
・特に人生の転機でもなかった

となります。この判断を間違って、借金をすると人生に結構大きいダメージを負います。


サービス設計やスタートアップで応用する場合

スタートアップの施策やグロースでも、同様のことが考えられます。利用が確定しており、固定費が少なめ・基盤よりの機能、機材は借金をしてでも序盤で入手することで、コストパフォーマンスを最大化できます。アプリでいうならPUSH通知や、効果測定、継続率アップの仕組みなどは、最初から持っておくべきでしょう。

あるいは、ネットワーク効果が発生するビジネス。ペイメントのようなビジネスでは「今この瞬間に覇権をとること」が最重要であり、勝利を前提とするならば無限の借金が正当化されます。

具体的にはペイメント争奪戦争のようなゲームでは、選択できるプレイングは3種類しかありません。

・無限に借金をして、圧倒的シェアNo1を速攻でとる
・No 2以下でニッチポジションをとる
・そのペイメントには手をださない

先行者の絶対優位な市場では、段階的にリソースを投入する。予算に一定上限を儲けるというアプローチは基本的に下策です。段階投入や上限のあるアプローチでは、損害が最大化したタイミングの撤退することが、ほぼ確定しているためです。

このような市場では、結局のところ全資金投入以外の選択肢が、ほぼ存在しません。結果、ハイリスク・ハイリターンになりがちです。


まとめ

世間一般には借金は悪と思われがちですが、一定の条件がそろえば借金はむしろ推奨されるもの、強力な武器になります。

そして借金のポイントは、「未来の価値やチャンス、行動権を現在に前倒しできること」、時間の前借りです。

未来に手に入るはずの便益を今獲得すること。それにより、本来ふつうに獲得するまでの期間の差分で、お金を稼げること。これがツールとして借金の強みです。

サービス開発で、経営層が急いているとき、社員がのんびりしすぎている時など、時間の観点から状況を俯瞰してみるとよいかもしれません。お金や工数よりも、「時間」のほうが重要なポイントなのかもしれません。

なお借金のご利用は計画的に!

・借金は、未来のお金と武器を今に持ってこれること
・時間差をつかって、利益を生み出せるところに使う
・瞬間的なリスクの回避などに使うのもあり
・単なる消費に使うのは非推奨

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、コロナでオフィスいけてないので、コロナあけにnoteチームにピゼおごったり、サービス設計の参考書籍大にします。

オススメの本は「21 Lessons」
1255
noteのCXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 サービス設計やnoteのカイゼン報告などについて書いていきます。

この記事が入っているマガジン

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 15725本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメント (4)
ビジネス開業のための借金は慎重に検討するべきだけど、自分自身への投資(スキルアップ)の借金は進んでするべき。もちろん無理なく返済出来る範囲内での借金が条件で。
借金の本質とは返済計画を完遂するための戦略と戦術をもっていることと考えるのが妥当だと思う。それらを有しない者が己をタイムマシンを使うことを許された唯一の人間だと錯覚することがとても恐ろしいことなのだ。
確かに「時間の前借り」という発想は有効だと思います。経営者の財務感覚があれば企業が「現在より大きなエンジン」を持てることにつながりますから。
今読んでる「父が娘に語る経済の話」っていう本にも似た様なことが書いてあった。
ー起業家はタイムトラベラー
ー銀行はツアーガイド
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。