サービスにおいて速さこそが神である

何かのサービスを改修するときには、まず最初に「速度の改善」をオススメしている。

たとえば表示速度の向上、データ転送速度の向上、ロード時間の短縮、アニメーション時間の短縮、カスタマーサポートのレスポンスタイム etc, etc…

これらのスピードスペックを単純にあげるだけで、かなりの打率でコンバージョンや売り上げなどが向上する。「グロースに銀の弾丸(万能の解決方法)は存在しない」とはよく言われるが、速度改善はその唯一の例外だと思う。GoogleもAmazonも、スピードとECの相関関係は様々なところで謳っている。

1秒の表示遅延で、コンバージョンレートが最大20%悪化する
from Google Think

肌感覚としては、変なCMをうったり、新機能を追加するよりも、まず色々なものをスピーディにするのが一番効率がよい。


noteでも、表示スピードを重要視している。CTOのこんぴゅさん主導で、nuxt.jsを採用した新バージョンへの移行を徐々に行っており、このたび、ついに個別記事ページのスピードアップが完了した。

かなりサクサクになったので、ぜひとも触ってみてください。スピード・イズ・ゴッド。スピード・イズ・ジャスティス。

随時、他のページもドンドン早くなる予定です!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
深津 貴之 (fladdict)

いただいたサポートは、コロナでオフィスいけてないので、コロナあけにnoteチームにピザおごったり、サービス設計の参考書籍代にします。

オススメの本は「21 Lessons」
369
noteのCXO。THE GUILD。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 サービス設計や日々の学び、note.comのカイゼン報告などについて書いていきます。