note見出し

爆速の漫画ビューアへの挑戦

4月にちょっと暇があり、「そうだ! TypeScriptを勉強しよう」と、勢いで漫画ビューアを作ってみました。仕事でコード書くの4年ぶり。

最初は日曜プロジェクトの習作だったのですが…途中から「おっしゃー、見開きも対応したるで!」と、どんどんテンションがアップ。

気がついたら最終的に案件化され、noteのエンジニアチームのガチのサポートが入り…なんだかんだで、正式リリースされました!

そして一号案件が、なんとあのキャプテン翼です。光栄のいたり!


漫画ビューワー世界最速計画

僕はそこそこ漫画を読むほうで、昔はジャンプ、マガジン、サンデー、ヤングジャンプ全購読、1日1回漫画喫茶にかよい、Kindleにも漫画が3600冊ぐらい。漫画アプリと大手出版社のWEB漫画も、かなり巡回してました。

でも悲しいかな、世の漫画ビューアがほとんどが重い。どれもモッサリしており、パラパラ見るときなどは、かなりストレスなんですね。いくつかの出版社やアプリの人には、「スピード is ゴッド」と話してみたりもしたのですが、いまいち刺さらず。

そんなこともあって、ちょっと自分で作ってみたものがこちら。

僕はかつてFlash業界で、「最多オブジェクトを最速で動かす担当」みたいな感じだったので、まぁ当時のジジイ的なノウハウ使えば、今のマシーンならJSでも力技で、いけるんじゃないかな…と挑戦してみた感じ。ロードのタイミングとか、画面ロックの仕方とか、色々できるんじゃないかなと。

いやー、最近のJavaScriptってマジすごいっすね。ヌルヌル動きます。


で、ゴソッと書いたプロトを内輪で見せて遊んでたのですが、タイムリーに「キャプテン翼」のお話が舞い込んきました!で、あれよあれよとプロジェクトが正式にスタート。

僕のプロトの時点で、十分速かったのですが、それをさらにエンジニアチームのitabashiさんがゴソッとチューニングし、さらに神速になりました。

僕は面倒くさがりなのでGL使わなかったのですが、Itabashiさんは妥協せずにガッツリGL化してくれました。凄い。そしてチームみんなが、画像の埋め込みや確認など、色々とガンガン頑張ってくださり、公開にいたりました!!! チームパワーの結晶です!


今後の展開

久しぶりにJavaScriptに触りましたがTypeScriptよいですね。設計がAction Script3に似ています。この漫画ビューワーも、Flasher時代のロストテクノロジーみたいなノウハウを色々と打ち込めて、楽しかったです。

また時間とリクエストがあったら、「マルチタッチで、漫画をズームできるように」とか挑戦してみます。

そんな感じで、最近は、「CXOとは何なのか?」という、哲学的な問いに悩まされつつも、楽しく頑張っています。


出版社やメディアさんで、「なにこの漫画ビューア、使いたい!」って人いたら、お気軽にnote編集部までご連絡くださいね。将来は、サードパーティに解放したりすることも検討してます!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

嬉しいー(お返事がランダムに出せるようになりました)
297
piece of cake CXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 UXデザインやUIデザイン、noteのカイゼン報告などについて書いていきます。

コメント2件

これnoteユーザーはnote内で使えますか?
「Flasher時代のロストテクノロジーみたいなノウハウ」に興味があります。元プログラマですが、もともとこういうのが好きなのと、今の世代に残すためにはやはりちゃんと公開するのが良いと思っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。