見出し画像

多様性と均一性のちがいについて

健全なnoteコミュニティを設計するうえで、チーム向けの多様性に関するメモ。多様性は色で考えるとわかりやすい。

昨今、多様性に関する議論が活発化してきている。不利な人々に優遇措置を与える、アファーマティヴアクションなども、どんどん増えてきてる。

でも、ちょっと怖いのが、「多様性」と「均一性」の違い。これが、あまり議論や区別されないまま、ドンドン進められているに思える。


多様性は色で考えてみよう

わかりやすいモデルとして、多様性を色で考えてみましょう。パレットや絵画をイメージしてください。

赤1色。これは全く多様性のない状態。意見や行動が完全に統一された世界です。これは一切の選択肢のない世界です。


様々な色を列挙した図。同じ職場に、白人と東洋人と黒人とヒスパニックの人々がいるようなイメージですね。一見多様性があるように見えますが…


実は、これをさらに離れて俯瞰をしてみると、こうなります。

ミクロな多様性を、そのままスケールしたもの。全ての会社が、同じ比率で人材採用を行ったりするとこうなります。

局所的に見れば多様っぽく見えていたものが、総体でみた場合「均質」になってしまっている。これは失敗した多様性です。

なぜなら、さらにズームアウトして俯瞰すると、このようなタイプの多様性は「均一なグレー」に収束してしまう。つまり完全にフェアな世界というのは、究極的には「多様ではない」わけです。

「多様性」というのは、全ての会社で男女の比率が一緒とか、全ての映画に全人種が登場するとか、そういうものでは無いわけですね。それは「均一性」になってしまう。

均一性は一見フェアに見えるけど、それだけだと、変化に弱く、イノベーションが起こらない。それは静止したユートピアなわけです。

多くの人は、この「多様性」と「均一性」をわけて考えずに、議論を進めているように思えます


本当の多様性は、もっとかたよっている

より理想的な多様性はこんな感じ。マクロな視点で緩やかな分布があり、ミクロな視点でも多様なノイズがある。

多様性というのは、とても複雑で難易度が高い概念です。

個々で見れば偏ったものがいっぱいある、でもそれを総体で見ると、生態系として多彩なバリエーションが生まれている。それが真の「多様性」です。


本当の多様性社会はそれなりに不愉快

そういう真に多様な社会は、「自分が気に食わないもの」もいっぱいあります。でも、その「自分から見て不謹慎なもの」が、「他人からみて大事なものかもしれない」。それを受け入れなければ、多様な社会は成立しません。つまり、「多様性」は前提として「寛容」でなければ成立しません。

極論、人を傷つけかねない言動すら、「セーフよりのアウト」程度だったら、飲み込まなくてはなりません。多様性には、そのような覚悟が必要です。

そういう意味では、多様性を守護しようとする人は、個々の言動に囚われすぎてはいけないようにも思えます。そこよりも、言論の全体分布に注目し、その比率や偏りをしっかりチェックするほうが重要そうです。

大きな視点での多様性は、ミクロな視点では、あるていど偏ったコミュニティの発生が予想されます。たとえば男尊女卑のコミュニティ、女尊男卑のコミュ二ティ、オス化するコミュ二ティ、メス化するコミュ二ティ、完全対等のコミュニテイ、性差を認めつつも共存するコミュニティ… 色々なものがあってよい。色々なものがあって、それぞれが尊重されるように設計する必要がでてきます。

このような環境下で重要なことは、「可視化」と「選択の自由」と「寛容」です。この3つがしっかり担保されていれば、人は自分の好きなコミュ二ティを選択できます。

いっぽうで戦うべきは「外部情報の遮断」「メンバーの拘束」「不寛容」「別コミュ二ティへの過干渉」です。なぜなら、人が正しい選択を行えなくなるからです。(厳密にいうと、これらすら「思想」や「発言」のみで、行動にうつさなければ、寛容であるべきという考えもあるかもしれません)。

理想的な多様性
・コミュニティは異なった特徴をもつ緩やかな分布として存在する
・各コミュニティの特色が明示されている
・コミュニティ帰属者は簡単にコミュニティ感を移動できる
・コミュニティは、相互に尊重しあい過干渉をしない


そんな社会では、不謹慎な発言、受け入れられない意見もいっぱいでますし、喧嘩や調整ごともいっぱい発生します。でも、それを受け入れる覚悟がなければ真の多様性は獲得できません。


誰が多様性を担保するのか?

上記の色の例のように、よい多様性は、分布の偏りが多重構造で重なっています。このような多様性は誰が担保すべきなのでしょうか?

多くの競合サービスがいて移動しやすい分野では、その競合自体が多様性を担保します。そのような環境では、各サービスが特化型の設計をしても、複数のサービスの総体として多様性が作られるでしょう。

一方で、サービスが1つに独占され移動しにくい環境では、サービスそのものが普遍的な多様性を保護しなければなりません。たとえば国家のようなものは、移動しにくく選択しにくいため、できるかぎり単体で多様性を担保すべきでしょう。


多様性のイメージとしては、ジョルジュ・スーラの絵画などが、もっとも理想的な図です。スーラの絵は、点描画といってシンプルな色の点をとても細かく打って、複雑な色彩を作り出しています。

noteのタイムラインやコミュニティ設計を行うときには、チーム各自この「多様性」と「均一性」の違いを、各自で考えてみるとよいなぁと思います。

多様性のふりをしてやってくる均一性に飲み込まれないように、noteを灰色の絵の具バケツみたくしないように、大きく見ていければと思います。


あわせて、こちらも。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

よろしければ、サポートお願いいたします! 頑張っているnoteチームのみんなに、回らないお寿司をご馳走しようと思います。

やったー(お返事がランダムに出せるようになりました)
955
piece of cake CXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 UXデザインやUIデザイン、noteのカイゼン報告などについて書いていきます。

コメント5件

多様性について知りたいなと思っていました。
何となく、わかった気がしました。
ありがとうございました。
色を使った例が(わたしにとっては)とてもわかりやすかったです!
会社、国、世界など多様性のある集団が理想的だと個人的に考えてました。それを色で表すとこのようになるなんて。均一性より多様性の方が美しいと感じます。その美的感覚もきっと幸せに暮らすためにも誰かの手によって埋め込まれたものだろうと思ってます。絵の例えわかりやすいです。
情報エントロピーの話に近いのかな?
そして俯瞰するとグレーになるというところは、どんなものでもサンプル数が無限大に近づくと正規分布になる。。。という話を思い出しました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。