マンパワーは足し算では動かない

先日、タイムラインにジョーク動画が流れてきた。


動画そのものはネタ動画だ。が、人的リソースの運用ミスを、端的に表現している。

一人で素早くできる作業が、共同作業になった瞬間にグダグダになる。いくつかの条件がそろうと、マンパワーの追加は生産性に貢献しなくなる。

・状況が刻々と変化し、リアルタイムのチューニングが必要になる
・作業者の間で、多くのインタラクションが発生する
・インタラクションそのものの時間コストが大きい
・インタラクションが不定期に発生する
・動作の始動や停止に時間がかかる

高速道路の渋滞、役所のたらい回し、伝言ゲームなどが典型的な例だろう。


逆に、マンパワーの増員でスケールする分野はどうだろうか。作業者が完全に分業するケース、インタラクションが周期的に起こるケースが多い。

・作業者の作業が独立している
・インタラクションの時間コストが小さい
・インタラクションが周期的パターンで発生する

こちらは工場のコンベア作業、椀子そば、餅つき、電話サポートセンターなどがあたる。


こうやって考えると、大企業でスピードが遅い会社ほど、前者のパターンにハマっているように思える。逆にスピード感のある会社は、後者の独立分業型に近い。「調整」という業務そのものが、大きくなるほど機能しなくなるのだろう。

このような傾向をみるに、プロダクト開発をスピードアップさせるには、相互インタラクションや共同の意思決定を、いかに減らすかが大事なのだろう。

たとえば、レゴブロックを作る人、レゴを組み合わせと大きなモジュールを組み合わせる人、モジュールを組み合わせてプロダクトを作る人といった具合にレイヤーをわけ、相互干渉のないように独立稼働させるのはありかもしれない。

細かい調整をしないので、余剰のレゴブロック、余剰のモジュールが生産されるリスクはある。だが、いっそ調整せずにブロックを余らせてしまうほうが、トータルで見た場合のコストは低く、素早く動けるかもしれない。ミクロ的に非効率に見えるものが、マクロ的には最大効率をもたらすわけだ。

このあたりに、汎用的に使える、スピードアップのコツがないものかなと考える。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、コロナでオフィスいけてないので、コロナあけにnoteチームにピゼおごったり、サービス設計の参考書籍大にします。

オススメの本は「国家はなぜ衰退するのか」
466
noteのCXO。THE GUILD代表。ユーザーの行動を設計するデザイナです。 サービス設計やnoteのカイゼン報告などについて書いていきます。

こちらでもピックアップされています

グッとnote。(2019年から)
グッとnote。(2019年から)
  • 505本

グッときたnoteをあつめるマガジン。こころを元気にしたり、何かのヒントになったりします。あ、10個以上の「スキ」がついた自分のnoteも綴じてます。

コメント (1)
現在物流のサービスをしているのですが、このnoteを読んでハットしました。
インタラクションの時間的なコストが今の自分のサービスだと効率的ではないと感じました。
ただインタラクションのコストを抑えることによって発生する情報共有不足による
ミスもあると思うので、そのバランスを考えてワークフロー再設計します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。