見出し画像

【第1515話】苦手なことで壁にぶつかる

フィットネスビズ

こんにちは。小川です。

前回は見学案内において自分自身の何がネックになっているのか、苦手としているのか、ということを記していきました。

案内をする立場であればお客さまのネックを取り除くことで入会に繋げていくものですが、自分自身も案内の中に苦手としていることがあってそれを取り除いていかなければ上達もしていかないということですね。

これはある程度のことであれば練習を重ねて改善させることは可能ですからまずは自分自身何を苦手としているのかを知ることが大切ですね。

人間つまずく時、壁に当たる時というのは必ず自分が苦手としている事柄に起因します。

それを乗り越えるからこそ成長するのであり乗り越えられるかどうかは自分自身の強さに掛かっているものです。

私個人のことで言えば相手の懐に飛び込むことが得意なのですが時に不用意に飛び込んでしまうことがあります。

得意としていることで一気に虎の尾を踏んでしまうことになってしまうのです。

ではこれは何に起因をしているかと言えば私は自分自身の考えで言動してしまうのでそれが相手の心情に合ったものでなかった時にそうなってしまいます。

苦手としていることは相手の心情を汲むということですね。

この苦手な部分で今まで幾度となく痛い思いをしてきましたし、幾度となく上司と一緒に謝罪をしました(笑)

今となっては(笑)などと書けますが当時は笑えないことでしたからね。

それも自分自身を理解してきた、掴んできたから多少改善出来てきたのです。

このように各人必ず苦手としていることはありますからそれを克服するにはまずは自分を知ることですね。

周囲からアドバイスをもらうことで自分を知る機会にも繋がりますから大いに周囲から助言を受けると良いと思います。

また受けられるだけの人間性を有することが大切ですね。


https://fitness-biz.stores.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フィットネスビズ

宜しければサポートお願い致します!

フィットネスビズ
フィットネスビジネス(ジム運営)に関する情報プラットフォームとして、コンサルタントとしても知られている代表伊藤友紀等による役立つ記事を閲覧することができます。 ①伊藤友紀の「ビジネス・リフティング365」②目指すはフィットネストレーナー③アバター近藤の「フィットネスビジネス学」