フィットネスビズ
2022.7.31【第1461話】同時進行は本人次第☆

2022.7.31【第1461話】同時進行は本人次第☆

フィットネスビズ

こんにちは、若月です。

以前全社員研修において武器創造を考える機会がありました。

社会に出て働く者として、武器は利益を生む手段です。

武器を持たないまま社会に出る人が多いでしょうが、

いつかは身に付けなければ淘汰されるでしょう。


私も個人的に専門領域の研修に参加していますが、

利益に繋がることを前提として学びを進めています。

武器創造は個人で異なりますが、

強みを活かすことと、弱みを打ち消すことは同時に進めるべきでしょう。

武器を最大化するためにも、強みにフォーカスする必要があります。

クラブに求められている前提で、強みを活かす。

そしてその武器を弱化させないためにも、

弱みを打ち消す作業が必要です。


武器創造はそれまでのプロセスを定義したら、

強みと弱みで個々に取り組みを策定するのがベターです。

大半は弱みを打ち消すことに目が行きがちですが、

今自分が持っているスキルが強みになることにも同時に目を向けるべきです。


あくまで武器として昇華出来そうな強みは何か。

強みと言えないまでも特性はあるでしょう。

その特性は武器になり得るか。

自身の特性や好きなことは、お客様に貢献出来るのか。

こじつけでも利益になれば武器になり得るのです。

強みを伸ばす方が本人も楽しめるはずですが、

弱みを改善することにばかり目を向けるのが日本人の特性かもしれません。


あまりにも弱みが目立つ未熟者は武器を持てません。

しかし弱みを改善すると同時に強みを伸ばすことは、

気持ち次第でいつからでも誰でも出来るのです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フィットネスビズ

宜しければサポートお願い致します!

フィットネスビズ
フィットネスビジネス(ジム運営)に関する情報プラットフォームとして、コンサルタントとしても知られている代表伊藤友紀等による役立つ記事を閲覧することができます。 ①伊藤友紀の「ビジネス・リフティング365」②目指すはフィットネストレーナー③アバター近藤の「フィットネスビジネス学」