見出し画像

すーさんと気分体調

べてぶくろのすーさん。

すーさんは、元ホームレスで今はべてぶくろ(べてるの大事にしていることを受け継ぎつつ池袋で活動している任意団体)のグループホームの世話人さんの仕事をしています。

もういつからだろう。
ほぼ毎日、LINEで朝の挨拶をして気分・体調を聞いてくれます。

時々すーさんがLINEからいなくなったり、私が返信できなかったりしても、なんとなくで数年続いています。

毎朝すーさんとやりとりしていると、だんだんと自分の気分と体調のリズムというか傾向がわかってくるようになってきました。
気分は焦ってることが多く、体調は眠いことが多いです。

北海道浦河町にあるべてるの家では毎朝メンバー、スタッフ、見学者で気分と体調を共有することからはじまります。

最初にべてるに行ったときは、「え?こんな人数を全員?」って思いましたが、どんなに人数がいても全員にマイクを回します。真剣に話し合いをしているスタッフもマイクが回ってきたら話しを中断して気分体調を言います。

それを我が家もいつからか真似しています。
一日に何度も「気分体調は?」と共有することもあります。あと、忘れてる日もあります。

数年間実践してみて気分体調を共有したほうが家族が一緒に住みやすいと実感してます。
最近は3歳の息子も参加できるようになってきて、「バッタをとりに行きたい気分です!!」「おんぶしてほしい気分です!!」と、大きな声で叫んでます。

すーさんの話しからだいぶ逸れましたが、すーさんはいつも赤い服を来ています。この写真のすーさんは2013年。ってことはそのくらいからLINEをしているのかも・・・。すーさん、長いつき合いになってきたね。またうちで鍋しようね。

画像1

今日もすーさんからLINEがきました。
私の気分は気持ちが焦ってて実際よりも忙しく感じています。体調はいいです。と返信しました。今日もいつもどおり焦ってて順調そうです。

みなさんの気分体調はどうですか?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
写真家。 出産、マタニティ、家族、精神障害などの当事者の活動拠点べてるの家、ダウン症のある人とその家族、里親家庭やファミリーホーム、養子縁組の家族の写真と言葉でつむぐプロジェクト「フォスター」を撮っています。 あと、家族会議という家族と当事者研究してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。