見出し画像

三重県人権センター搬入

三重県の人権センターで写真展「フォスター」を展示していただくため搬入に行ってきました。予定通りの新幹線に乗れてホッとしながらも搬入前の緊張で眠れず。
どんな展示場所か写真も見て寸法も教えてもらっていますが実際に行くまでどうなるものかと毎回緊張します。

19.10.23_三重県搬入-17

児相の職員や三重県各地からNPOのネットワークより15名もお手伝いに来てくださって、設置部品が足りなくなるトラブルがありながらも工夫して無事展示できました。
写真展を重ねる中で基準ができてきて、いただいた条件の中でできる最高の展示を心がけていますが今回もよい展示となりました。

19.10.23_三重県搬入-4

19.10.23_三重県搬入-6



いつか三重県でもフォスターの展示を、と準備を進めてくださった方たちのおかげで今回の展示が実現しました。「子どもを主体として捉え、関わる大人、家族のあり方、関係性に焦点を当てる!」というチラシに書いてあった想い、展示やシンポジウムを通してたくさんの方に届きますように。

19.10.23_三重県搬入-16

主催として企画や準備をずっとがんばってくださった竹村さん。ありがとうございます!
柿、梨、かぼす、ながもち、お菓子、飲み物のお土産をいただいて、背中のリュックの温かい重みがうれしいです。ありがとうございました!
さー、息子の保育園のお迎えのため急いで帰ろう。

「写真展フォスター」
展示期間 2019年10月24日(木)〜30日(水)(28日は休館日)
展示時間 9:00〜17:00
展示場所 三重県人権センター1階ロビー

「里親シンポジウム」
日時 2019年10月27日(日)13:00〜16:00
会場 三重県人権センター 多目的ホール
定員 320名
参加費 無料
申込はこちらから 



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

写真家。 出産、マタニティ、家族、精神障害などの当事者の活動拠点べてるの家、ダウン症のある人とその家族、里親家庭やファミリーホーム、養子縁組の家族の写真と言葉でつむぐプロジェクト「フォスター」を撮っています。 あと、家族会議という家族と当事者研究してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。