BL短歌とその周辺

3

短歌をBL読みした文章

※※※2018年ころに書いていた妄想掌編小説です。蔵出しです。※※※

拒みがたきわが少年の愛のしぐさ頤に手触れ来その父のごと 森岡貞香

 わたしはきみの子どもを――いや、いまはもうわたしが育てるべき子どもであるのだが――膝に抱えている。子どもの身体は想像していたよりもずっと重たく、温かく、生きものとしての湿度をもってわたしの腕のなかにある。
 父と母を呼ぶ甘えのこもったやわらかな声音に言葉にし

もっとみる