組織文化設計の学校
ネガティブなことを考えてはいけないワケ■□下田コラム□■vol.49
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ネガティブなことを考えてはいけないワケ■□下田コラム□■vol.49

組織文化設計の学校

新型コロナウイルス感染者がまた増え、大雨が降り、世界を見れば戦争があり、ネガティブなことをどうしても想像しがちになってしまいますね。

そんな中でもやはりネガティブなことを考えてはいけないのです。

皆さんに質問します。


「紫色のライオンを想像しないでください」

どうでしょうか?
たいていの方が、紫色のライオンを想像したのではないでしょうか?

そうなのです。

人は言葉によってものごとを考え、イメージする生き物です。
つまり、考えるということは、頭の中でそれを言葉にしているのです。
そして、言葉にした瞬間、人はその対象物を必ずイメージしているのです。

ネガティブなことを考え、「いやだ」と思った瞬間に、人はその嫌なこと、嫌なことに関わっている自分をイメージしています。

それは、人の潜在意識の中にどんどん刷り込まれていきます。

結果、無意識のうちに、マイナスのことが、当たり前と思うようになってしまうのです。

ある時、合氣道の道場でこんな実験をしました。
身体を力ませずに、自然体で立って、手を前に出しています。
その時に、「しんどい」「面倒くさい」「疲れた」などネガティブな言葉を口にします。
その途端、前に出していた手は、誰かに簡単に上げられてしまいます。
次に、「楽しい」「面白い」「元気」などポジティブな言葉を口にします。
同様に、誰かが手を上げようとしても、簡単に上げることはできなくなってしまいます。
一瞬、「やらせじゃないのか?」と疑いたくなりますが、私がやっても同じようになりました。

ここでのポイントは、本当にしんどいわけでもありません。反対に本当に楽しいわけでもありません。ただ、その言葉を発しただけです。

しかし、人は、その言葉を発した瞬間に自分の意識では追いつかない速いスピードで、その言葉の意味する状況を思い浮かべるのです。そのこと自体を、コントロールすることができません。

そして、その言葉に、やはり自分ではコントロールできないくらいの速いスピードで身体が反応するのです。

もう一つの例でいえば、こんなものもあります。

口の中にレモンや梅干を入れたら、酸っぱさを感じ、唾液がたくさんでてきます。
実際に口に入れなくても、口に入れているところを想像しただけで、酸っぱい感じになり、唾液がたくさん出てきます。
これも、自分ではコントロールできないところで身体が反応しているのです。

たかが想像かもしれませんが、ネガティブなことを考えるだけで、身体までが反応してしまうのです。人は身体を緊張させ、血流を悪くし、心拍数を上げるのです。

そして、ネガティブな言葉の積み重ねは、潜在意識の中にマイナスの発想を染み込ませていきます。

物事をポジティブに捉え、ポジティブな言葉を使う。
それは、単に「明るく、楽しく、能天気に生きましょう!」ということとは違うのです。

ちなみに、ネガティブと危機意識を持つことは異なりますので、勘違いしないようにしてくださいね。


===========================
エスパシオでは9月に2days『成果の出し方』マスター講座を開講します!

本気で達成したくなる目標の立て方講座〜入門編〜 にご参加いただいた方からの受講希望も多いこちらの講座。
もちろん、入門編が未受講でもこちらの2dayマスターをご受講いただけます!

理論と技術を丁寧にお伝えしていきますので、ぜひ、学ぶ仲間と共に目的・目標達成の技術をマスターしましょう!

●『成果の出し方』マスター講座●
心理学やメンタルトレーニングなどの科学的手法から編み出した、原田メソッドを体系的に学ぶ2日間!

▼対象
☑︎良い結果を出したい!
☑︎今より確実に、本筋でやれる方法を探している
☑︎目標設定から実践し結果を出すという一気通貫した技術を学びたい!
☑︎目標達成の我流はあるが、他の方法も知りたい!
など

■開催概要
<日時> 1日目:2022年9月13日(火)10:30-17:30 ※途中休憩1時間
     2日目:2022年9月21日(水)10:30-17:30 ※途中休憩1時間 

<実施形式> オンライン zoom開催
<参加対象者> 経営者、経営幹部、幹部社員、成果の確実に出したい方

詳細・お申し込みhttp://ptix.at/MzwNYg

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

組織文化設計の学校 Facebookページ> https://www.facebook.com/組織文化設計の学校-105229505168076/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
組織文化設計の学校
【循環→サイクルビリティ】という視点で組織文化を考えるプラットフォーム・コミュニティ。みなさんに伝えていきたいコラムやレポートをこちらのnoteで発信していきます! 運営by 株式会社エスパシオ