見出し画像

第44節

 永井荷風氏は何方かと言へば、後期よりも前期の感化の多かつた人であつた。その本當に文壇に名高くなつたのは、歸朝以後で、正宗氏よりは、ぐつとあとであつたけれども、その敎養はずつと前に遡るべきものであつた。かれは半分以上硯友社氣質であつた。かれは曾て廣津柳浪に師事した。またい巖谷小波の木曜會の同人であつた。つまり紅葉に藻社の連中があつたと同じやうに、小波に木曜會同人があつたが、その一人で、生田葵山、黒田湖山、西村渚山など皆なその夥伴であつた。しかしかれはさういふ夥伴に滿足してはゐなかつたに相違なかつた。かれは鷗外氏のものなどを愛讀した。また外國のものなどをも渉獵した。明治三十三四年頃、卽ちかれがまだ海外に赴かない以前にあつては、かれは新しい作家の一人として次第にその頭を擡げつつあつた。かれはその時分ゾラの『ナゝ』を抄譯した。また『地獄の花』といふ半分通俗な小說を公にした。
 この頃は硯友社の權威が凋落して、しかもそれに代るべきものがまだ出て來ないといふ混沌とした時代であつた。所謂鷗外漁史の末流文壇と言はれる時代であつた。風葉、天外などが一方にはゐたけれども、それに慊らなかつたのか、それともまた別に理由があつたのか、その時分には、草村北星や菊池幽芳や田口掬汀や柳川春葉の通俗小說などが流行した。そして一時はさういふものの方が本當ではないかとすら思はれた。『地獄の花』はいくらかそれにかぶれたやうな作品であつた。
 しかし數年經つて、海外から歸つて來たかれは夥しく變つてゐた。文壇そのものの變つたよりももつと著しく變つてゐた。かれは海外にあつて、故國の文壇の變つて行くのに目を睜つたひとりであつたが、歸るとすぐ、『歡樂』だの『監獄署の裏』だのを公にして、一擧にして有名な作家となつた。『アメリカ物語』では、その文章の幼稚と不統一とでかなりに手痛く批評されたかれも、『フランス物語』に行くと、すつかりその古い衣裳をぬぎ捨てゝ、フランス仕込みの奔放な自由な描寫と態度とを示して來た。
 しかし聰明なかれは、敢てその當時の文壇の思潮に深く浸らうとはしなかつた。かれは或は右し或左した。それに一面、新しい思潮に雜り切ることの出來ないやうな前期の敎養をかれは十分に持つてゐた。それに、度々の發賣禁止──それは生田葵山氏の作物などと同じに見られた發賣禁止がかれの氣を腐らせずには置かなかつた。次第にかれは皮肉になつて行つた。わざと傍觀者を衒ふやうになつて行つた。
 かれの全集を見ると、さうした傾向がよくわかつた。かれは何と言つても前期の敎養の下に育つた文章家であつた。眞に迫るといふことよりもむしろ美にあこがれるといふ方のロマンチシストであつた。新しい自由と表現と皮肉とは十分に持つてゐたけれども、何處か文の爲めに文を書き、美のために美を誇張するといふ風があつた。『新橋夜話』などといふ短篇集も面白いものには相違なかつたけれども、形に於てお話であるばかりでなく、精神に於いても、傍觀的に過ぎるやうな氣がした。もつと本當のことを書いて貰ひたいやうな氣がした。
 しかし、かれに取つては、その本當といふことが問題であるらしかつた。本當とは何ぞや? かうかれは反問して來るに相違なかつた。
 しかし、抱月や泡鳴や、藤村や、白鳥や、蘆花や、さういふ人達の中にかれのやうな作家の雜つてゐたといふことは、面白い現象と言はなければならなかつた。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Thanks!

こちらでもピックアップされています

近代の小説 / 田山花袋(著)
近代の小説 / 田山花袋(著)
  • 65本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。