北村江奈@「大人の国語」教室の先生
雑談が苦手な人のための、ちょっとしたテクニック
見出し画像

雑談が苦手な人のための、ちょっとしたテクニック

北村江奈@「大人の国語」教室の先生

TikTokで流れて来たこの動画。
ああ、これ確かに、雑談を膨らませたいときに便利だよねー
と思いました。

私はどちらかというと
「雑談が苦手」
な方ではあるのですが、

このテクニックを使うと、
「おもしろいことをしゃべろう!」としなくても、
自然に会話が続いていきます。

(以下文字起こし)
ーーーーーーーーーー
若い子がシャイなのは
すごく分かるので、

こっちから話しかけて
コミュニケーションをとって仲良くしていこうじゃないか
この一か月一緒にいるわけだし、
と思って話しかけているんですよね。

みんなが答えられるものから、ということで、
「好きな食べ物は何ですか?」
でいいじゃないですか。

「何が好きなのー?」
「カレーですね」
「あ、そうなんだ。インドカレー?」
「ネパールとか、あっち系のぐちゃぐちゃに混ぜるのが好きで」
「そうなんだー」
「…」


いやいや、そこは
MEGUMIさんは?
じゃん?

こっちは、餃子持って待ってるから!
ーーーーーーーーーー
(文字起こし終わり)


おもしろいw

けど、ほんとこれ。


シンプルだけど、
ものすごく汎用性高いテクニックです。


「私はこう思います。
 あなたは?


って、聴けるかどうか。
会話で、相手のターンを作れるかどうか。


雑談が続くかどうか、
話が膨らむかどうかって、
ほんとここに尽きる気がします。


とても簡単なのですが、
「自分」でいっぱいいっぱいになっちゃうと、
意外とできない。


「私は会話が苦手で」
って悩む人は、
別に無理に面白いことしゃべろうとしなくていいから、


にこにこ楽しそうに一緒にいて、
話しかけられたら、答えて、
その最後に、
「あなたは?」
って聞けばいいんじゃないかなと。


このワザ、
自分のコミュ障っぷりをどうにかしたくて、
一時期、
コミュ力高い人達を観察していて気付いたことだったので、
(コミュ力高い人は、面白いこと言うより、
「あなたは?」って、みんなの意見をよく聞いていました。
できる人は無意識にやってることなんだろうなー)

現場感覚(?)からも、
これ、使えるよなー、と思います。

雑談苦手な方、
やってみてくださいねー😊
コミュ障はスキルでカバー可能です(持論)。
多分。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「スキ」、ありがとうございました!嬉しいです。
北村江奈@「大人の国語」教室の先生
「ことばのまほう」主宰。ストアカで、大人の国語のワークショップを提供しています。 岩手県釜石市出身。秋田県の田沢湖で宿をやりつつ、言語表現のワークショップを開きつつ、アドラー心理学を広める活動もしています。