見出し画像

フィールド競技は蹴落とさない。

世界陸上の取材をしてて何が良かったかというと
フィールドの外周であれば、
自由に移動することができるということ。
トラック競技とフィールド競技をいったりきたりしながら、
競技の行方を追うことができます。
おかげでフィールド競技をじっくり腰を据えて
みることができたのです。

ずっと観ていると、とくに走り高跳びや棒高跳びでは
ライバルであるはずの選手がいい跳躍をすると
みんなで祝福するということがわかってきました。
本当の敵はバーの高さやそれを乗り越える自分であって、
競り合っている競技者じゃない。

そして、素直にいいプレイに対しては手放しで褒め称える。
そういうムードがピットからも伝わってきて、
観客にも広まっていきます。
戦いの場でありながら、ピースフルな場でもあるんですね。
それを強く思ったのが、この瞬間。

画像1

走り高跳びでカタールのバーシム選手が一発で2m35の跳躍を決めると
イタリアのタンベリ選手が自分のこと以上に飛び上がって喜び、
バーシム選手に抱きついたのです。
観客だけでなく、選手たちもバーシムの復活を喜んでいる。
世界陸上ドーハのハイライトシーンのひとつは男子走高跳でありました。

とはいえ、タンベリ選手も競技終了後は悔しがってましたよ。

画像2

ひげ半分がトレードマーク。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
EKIDEN News

サポートと激励や感想メッセージありがとうございます!いただいたサポートは国内外での取材移動費や機材補強などにありがたく使わせていただきます。サポートしてくださるときにメッセージを添えていただけると励みになります!

速いと思うなよ。
189
Track&Field+EKIDEN, Running culture around the world. 🇯🇵 https://www.instagram.com/ekiden_news/ https://www.facebook.com/ekidennews/