コーヒーの酸味(coffee acidity)

コーヒーの酸味は、人間の舌に存在する味受容膜にプロトン(水素イオン)が結合することで知覚されているのだと思います。

標高の高い地域で産出するコーヒー豆のほうが、標高の低い地域で産出されるコーヒー豆よりも、より多くの酸味を持っていると考えられています。

東アフリカの高地産のコーヒー豆や中米の高地で産出するコーヒー豆には、比較的に多くの酸味が含まれているようです。

コーヒーの酸味は、コーヒーの風味と合体した形で感じるので、酸味が少ないと味が平坦になる可能性があります。

しかし、極端に強い酸味のコーヒーは、欠陥を持つコーヒーだとエカワ珈琲店は考えています。

標高の高い土地で、ミネラルを多く含む火山性土壌で育ったコーヒーノキから収穫されるコーヒー豆ほど、より良質な酸味を多く持っているみたいです。

この続きをみるには

この続き:3,670文字/画像3枚

コーヒーの酸味(coffee acidity)

ekawacoffeeの珈琲ノート

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。