シングルオリジンについて

マイクロロースターと呼ばれるアメリカコーヒー業界第3の波系のコーヒー屋さんのサイトを訪問すると、「single origin」という言葉と頻繁に遭遇します。

取り扱っているコーヒー豆のことを、「single origin(シングル・オリジン)」と表現しているのだと思うのですが、モカマタリやキリマンジャロ、ブルーマウンテンというような銘柄名とは、また違った感覚の言葉として使っているように感じます。

ということで、「single origin coffee」について、調べてみました。

シングルオリジンは、特定の地理的な起源を持つコーヒーやカカオの品種を説明するための用語だとされています。

普通、コーヒー生豆の銘柄名は、そのコーヒー生豆が栽培・収穫される土地(地域・国・標高)やコーヒー生豆の姿・形を基準にしてつけられています。

それに対して、アメリカコーヒー業界第3の波系のコーヒー屋さんは、既存のコーヒー企業との差別化戦略として、「single origin coffee」という言葉を使い始めたのだと思います。

この続きをみるには

この続き: 1,489文字

シングルオリジンについて

ekawacoffeeの珈琲ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。