エカワ珈琲店版、珈琲入門【3】コーヒー生豆の精製と出荷

コーヒーノキの栽培条件や収穫時期、また、コーヒー豆がどのように精製処理されたかは、コーヒー豆の品質価値を大きく左右する要因だと言われています。特に、コーヒー豆精製工程での品質管理は、消費者が飲む一杯のコーヒーの香味を大きく左右するとも言われています。

収穫したコーヒー果実は生ものですから、できるだけ素早く乾燥処理する必要があります。コーヒー豆に含まれる水分含量を低く抑えることで、出荷までの倉庫での貯蔵と、出荷してから消費されるまでの期間の品質保持を図っています。

この続きをみるには

この続き: 7,796文字 / 画像1枚

エカワ珈琲店版、珈琲入門【3】コーヒー生豆の精製と出荷

ekawacoffeeの珈琲ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。