エイジングコーヒー/Aging Coffee

美味しいコーヒーを淹れるための最初のステージの一つ、それがコーヒー生豆のエイジングのステージだとエカワ珈琲店は考えています。

一般的に、コーヒーにそれほど興味の無い人には、エイジングコーヒーとオールドコーヒー、この2つが同じように見えるかもしれません。しかし、実際には、かなり異なっています。

オールドコーヒー豆を使ってコーヒーを淹れると、気の抜けた香味のあまり美味しくないコーヒーが出来上がります。

何も考えずに倉庫に長期間保存していただけのオールドコーヒー豆は、時間の経過とともに、その品質を劣化させています。

エイジングコーヒー豆は、違います。

エイジングコーヒーは、コーヒー豆の持つ自然の風味(もともとの風味)を改善する目的で、数年間、特別な保管所にて保存して作られるコーヒー豆です。

その昔(オールアバウトコーヒーが発刊される前のこと)、アメリカの人々は、オールドコーヒーかエイジングコーヒー、そのどちらかを使ってコーヒーを淹れていました。

理由は、今も昔も、アメリカが熱帯・亜熱帯の国々で生産されるコーヒー豆の最大の輸入国だからです。

この続きをみるには

この続き: 1,896文字

エイジングコーヒー/Aging Coffee

ekawacoffeeの珈琲ノート

150円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。