純喫茶コロナ物語

エカワ珈琲店の始まりは、昭和30年(1955年)の秋、和歌山市雑賀屋町25番地(区画整理後は39番地)で創業した純喫茶コロナです。

昭和62年(1987年)の春、コーヒー豆の小売店に衣替えするまで、31年と半年の間、喫茶店商売を営んできました。

日本国が経済成長を続けていた昭和の時代、喫茶店商売は、比較的簡単に始めることができて、相当に高い確率でそれなりの繁盛を手に入れることのできる商売でした。

昭和の時代、母子家庭である江川家の少し優雅な生活を支えてくれたのが「純喫茶コロナ」です。ということで、「純喫茶コロナ」の盛衰を記録に残して置きます。

この続きをみるには

この続き: 15,480文字 / 画像1枚

純喫茶コロナ物語

ekawacoffeeの珈琲ノート

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
エカワ珈琲店が、これまで30年近くに渡って蓄積して来た珈琲に関する経験(スキル)・技術・知識を読める化した記事を、noteを通じて有料販売させて頂いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。