佐藤栄祐

1993年生まれ。TAV GALLERYは2014年に様々な分野で活動するキュレーター…

佐藤栄祐

1993年生まれ。TAV GALLERYは2014年に様々な分野で活動するキュレーターを所属させ、新たな芽の発掘を目的に、キュレーターが企画を展開するコマーシャルギャラリーとして東京都に設立しました。TAV GALLERYでは企画展ディレクター、ギャラリストを務めます。

最近の記事

アーティスト・ファースト論の帰着先──若手作家消費問題に寄せて

2022年3月17日 2014年当初、私はクラシカルなギャラリーの構造的な欠陥を改革しようと試みた。作品の価値が上がらない、作家の行動が規制される、など普遍的な事項は勿論、多くのギャラリー欄にある墓石のように綴られた作家の名前は光の差し込まない独房のような場所を連想させるものであったし、当時唯一目に映っていた美術関係者による投稿や知人の若手作家からの情報は、若手作家は美術の市場に介入の余地がない状況であったことを明確に訴えていた。 「若者の尊厳を守り、金を持っていても

有料
1,400
    • あいちトリエンナーレ「表現の不自由展」に寄せて

      TAV GALLERYのディレクターの佐藤栄祐です。2014年のTAV GALLERYの開廊以降、60本以上の企画展示をキュレーターや批評家、編集者と共に開催し、これまでに200名以上のアーティストと携わってきました。私は平成5年生まれ。26歳。国内最年少のギャラリストとして、現在の状況に対し、自分なりの見解を述べる必要を感じています。 それは現在、展示再開を目的としたクラウドファウンディングを実施中のアーティストコレクティブ、Chim↑Pomの「ReFreedom_Aic

      有料
      1,100

    アーティスト・ファースト論の帰着先──若手作家消費問題…