見出し画像

【小学校、中学校 「外国語」ご担当の先生方へ】オンライン外国語授業動画進め方ガイド

(※)この記事の最下部に、学年ごとのカリキュラムとワークシートを一括ダウンロードできるリンクがあります。ぜひご活用ください。

学校が再開された時、「先生、英語でできることがこんなにあるよ!」という児童生徒の声が聞きたい!そのために休校期間中の教科「外国語」の学びをサポートするパッケージをお届けいたします。

どの言語であっても、「ことばの学び」とは、生涯に渡って続くひとつのプロセスです。「その言語でできること」を1つずつ増やし、それらを組み合わせて複雑な課題に対応できるようになるのです。

小学校から中学校はじめにかけての英語学習は、まさに「英語でできること」を積み重ねる時期。「英語で挨拶ができる」、「英語で好きなものが言える」、「英語で苦手なものが言える」、「英語で何が欲しいか尋ねることができる」など、小さな「できること」を少しずつ増やしていくプロセスを、児童生徒が自宅学習を通して体験し、その成果を携えて学校に戻ってくることを願っております。

◆「外国語」授業動画配信プロジェクトの特徴

1. 学習到達目標を先生方と児童生徒で共有するから、目指す姿をイメージしながら学習できる
2. 自宅学習用に構成した授業動画を用いて、ビデオの中の先生と一緒に学習できる
3. カリキュラム構成に沿って授業動画を順番に視聴して学習するので、取り組みやすい
4. 「学びっぱなし」にはしません。一通りの学習を終えたら「自己評価ワークシート」で到達状況を確認できる
5. 「ポートフォリオ」を用いた学習記録で動機づけを高める
6. 学校再開に向けた「Back-to-School チャレンジ!」に取り組んで、学校での授業をスムーズにスタート!

◆パッケージ構成

以下パッケージはこのページの最下部で学年ごとにダウンロードいただけます。ぜひご活用ください。

図1

◆「外国語」授業動画配信プロジェクト活用方法

1. 上記①~⑥(うち①と⑤は同一)を紙媒体、もしくはファイルにて児童生徒にお渡しください。
2. 動画は日本英語検定協会「英語情報web」のウェブサイトにて配信されています。
3. 動画を視聴するためのパスワード(別紙にて提供済)を児童生徒にお伝えください。
4. これで自宅学習のスタートです。

その際、「学校再開後に『My English Portfolio』を持参して、みんなで頑張りを確認しよう!」、「『復習ワークシート』を英語の授業で友だちとペアになって行います!」「『Back to School チャレンジ!』のミッション(課題)を、最初の英語の授業で行います!」などとアナウンスいただけると、児童生徒の「学びの目標設定」が明確になります。

ぜひご活用ください。

学年別カリキュラムの一括ダウンロードはコチラ:


46
公益財団法人日本英語検定協会発行の英語科教員向け情報誌『英語情報』がWebでも読めるようになりました。英語教育の“今”を知る。明日からの授業が変わる。先生方の授業づくりに役立つ情報を発信していきます。 https://eigojoho.eiken.or.jp

こちらでもピックアップされています

★先生用★外国語授業動画進め方ガイド
★先生用★外国語授業動画進め方ガイド
  • 19本

英語情報WEBをご活用いただくために、先生向けのコンテンツを配信していきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。