生活に「幸せ」をくれる 愛に愛を返してくれるうさぎさん #いい部屋ペット
見出し画像

生活に「幸せ」をくれる 愛に愛を返してくれるうさぎさん #いい部屋ペット

こんにちは。フリーライターのふくだりょうこです。
夫と、ホーランドロップイヤーのうさぎ・まろんさんと暮らしています。過去の記事で、我が家のアイドルまろんさんのことを書かせていただいたのですが、ほかのおうちのかわいいうさぎさんのお話も聞きたい……自分ちのうさぎさんについて惚気てもらいたい……ということで、今回は友人のゆきさんに、ご自宅のうさぎさんについてたっぷりとお話を聞かせていただきました。

ゆきさんちのうさぎさんはロップイヤーラビットの茶々丸くん。1歳半の男の子です。ホーランドロップイヤーと似ていますが、ちょっと顔が長くて、サイズもひと回りぐらい大きいのだそう。

画像1

以前にもうさぎを飼っていたことがあるというゆきさん。茶々丸くんと出会ったのは昨年のことでした。

――茶々丸くんをお迎えしたきっかけはなんだったんですか?

「3年前までうさぎと暮らしていたので、ずっと『また飼いたいな』と思っていたんです。でもなかなかタイミングがつかめなくて。それが去年の3月ごろ、すごくうさぎ熱がたかまったんです。
お迎えしたのは近所のペットショップですが、前日にどの子にするか夫と決めていました。でも、実際にショップに行ったら、いろんなうさぎがいる中で、茶々丸が一番ボーッとしてたんです。ケージの隅っこでずっと。そのボーッと感がすごくかわいくて……前に飼っていたうさぎに似ていたこともあって、この子と一緒に暮らしたいな、と思いました」

――お店のケージの中にいても、それぞれの個性が出ますよね。年齢的にはお迎えしたときはまだ赤ちゃんだったと思うんですけど、おうちではどうでしたか?

「臆病でしたね。ずっとケージの隅で丸まって怯えてました。絶対に触らせてくれないし、とにかく刺激しないように、リラックスしてもらえるように、ということで気を遣って過ごしていました」

画像2

ゆきさんちにやってきた日の茶々丸くん

「半月ぐらいでケージの外に出るようになって、ちゃんと触らせてくれるようになるまでは1ヶ月は近くかかったかな。成長するにつれて図太くなってきましたね。とにかく活発で、走り回ったり、飛び跳ねたり……」

画像3

「そうですね。やっぱり懐いてくれているとかわいい。甘えん坊だし……前の子は、私が寝転がっていると、その上に乗っかってきてくれるぐらいベタ慣れだったので、茶々丸もいつかそうなるといいな」

――うわっ、そうなってほしい……茶々丸くんのかわいいなあ、と思うポイント、知りたいです!たくさんあると思うんですけど……。

「本当にいろいろあるんですけど……(笑)懐いてくれているんだな、と実感できるときはやっぱりかわいく思えることが多いです。ケージから出して部屋に離してあげると、ずっと私のそばにいたり、足元をくるくる回ったり。遊ぼう、って鼻でつんつん私の体をつついてくるのも。信頼してくれているんだな、と思ってかわいいですね……」

画像4

ケージの下に潜って遊ぶ茶々丸くん。おしりがソーキュート!

――うさぎさんと遊ぶときって何がいいのかな、というのをいつも悩んでるんですけど、茶々丸くんは好きな遊びはありますか?

「最近、追いかけっこが好きで。鼻でツンツン、としてくるので、手なり足なりを茶々丸のほうに伸ばすとサッと避けて飛んだり逃げたりするんです。でもまた戻ってきて……。こうして遊んでほしいんだな、っていうのがわかると嬉しいですよね。あと、茶々丸のおでこに私のおでこをぐりぐりするとすごく喜ぶんです。やめると、おでこで手とかをツンツンとしてきてもっとやれ、って」

――想像しただけでかわいい……。意思疎通がとれていると、それだけで幸せな気持ちになれますよね。茶々丸くんは、ゆきさんと旦那さんのどちらに懐いているとかあるんですか?

「それが、茶々丸の中でブームがあるみたいなんですよね。最近は私なんですけど、私が忙しくて部屋んぽのお世話を夫がしてくれていたときは夫のことが大好き、って感じでした。その時期にお世話をメインでしてくれるほうに懐くのかな、と思っています。

画像5

態度も少し違っていて、私に対してはずっと鼻でぷうぷう言って甘えているんですけど、夫にはちょっと塩対応。でも、遊んでくれる人というふうに認識していて、夫が座椅子に座って投げ出している足を飛び越える遊びが好きみたいです」

画像6

躍動感……!

――いろいろちゃんとわかってくれているんですよね。おうちの中の様子を見て。
逆に大変だな、と思うことはありますか?

「やっぱりデリケートなので、食べなかったり、うんちが出なかったり少し小さくなっていたりすると心配になりますね。明日朝イチで病院に行かなきゃ!って。あとはやっぱり温度管理が大変ですね。私も夫も寒がりなんですけど、うさぎは涼しい環境を好むので、エアコンつけっぱなしにしているので、人間は我慢して厚着してます」

画像7

1歳のお祝いにイチゴ! 嬉しそうなお顔……

――ケージの中で飼えるから楽って言われることもありますけど、ゆきさんが言うように、デリケートだし、温度管理は大変。キレイ好きなのでお掃除もマメにしないといけないので、決して楽ではないですよね。

「動物と暮らす上で楽っていうことはないですよね。でも、世間で言われているよりもうさぎは表情が豊かだし、愛情をかけたらちゃんと愛情を返してくれるのは本当に愛おしいですよね」

画像8

お話を聞きながら、その様子を想像して、何度も「かわいい!」を連呼してしまいました。
ゆきさんにうさぎとの生活について聞くと「すっごく幸せ」とのこと。大変なこともありますし、体調が悪そうで心配でたまらなくて何も手につかない、ということもあります。でも、その心配していることも、うさぎにはちゃんと伝わっています。
愛されるのは嬉しいもの。でもまずは自分から愛さなければ何も始まらない。そんな大切なことを教えてくれているのかもしれません。

*  *  *

ペットも人も、お互いに、幸せに。いい部屋ネットは、それぞれの暮らしのレベルアップを応援しています。「#いい部屋ペット 」のハッシュタグでは、本記事へのご感想や、皆様のペットへの想いを集めていきたいと思っています。どうぞ宜しくお願いいたします。

いい部屋ネットのペット可物件特集

画像9


いい部屋ネット公式noteアカウントです。ペットとの暮らしを応援する「#いい部屋ペット」なnoteを更新しています。みなさんとペットとの良い暮らしについて考えていきたいです。公式サイトはこちら👉https://www.eheya.net/