WISHING"Road To Recovery" 02/12/21第4波に備えよBe Prepared for fourth wave to come

COVIDの全ての年齢層の成人における入院死亡率19%、季節性インフルエンザ6%となり、COVIDの死亡リスクはインフルエンザの3.5倍、集中治療室利用率は1.5倍、入院期間が1.5倍長いという結果がでました(493)。

最新のシミュレーション結果によれば、より伝播力の強い変異株の拡大による第4波は避けられないようです。

すでに、より強い伝染性をもった変異株が世界各国に少なくとも低レベルですが存在しています。3月から6月までには変異株がほとんどを占めるようになります。そのため、仮に有効なワクチンがまったくないとすると、部分的ロックダウンを維持する程度では、7月~9月までに次の感染流行第4波が必ずやってきます。その条件にワクチン接種による効果を足していくとどうなるか計算していきます。

変異株の感染力が35%増の場合で、ワクチンの変異株に対する有効性が90%以上ならば、毎日の接種件数が多ければ多いほど、4波の始まりは10月以降にずれ、かつ穏やかなものになります。猛スピードで接種を進めれば4波はなくなります。接種スピードが遅くなれば、ワクチンの有効性が高くても4波は早く、大きくなります。もちろん低い接種率、特に高齢者の接種率が60%に留まれば、どんなに急いでも大きな4波は避けられません。

変異株の感染力が75%増の場合、接種をどんなに急いでも4波はやってきますが、急げば急ぐほど、始まりは10月以降にずれ、少しは小さくなります。

変異株に対するワクチンの有効性、ワクチン拒否率、マスクや社会的距離の遵守という変数は、どれもまだ不確実性が高く、それら次第で予測結果は大きく変動します。

一方、あらゆる条件を変えてみても変わらない結果が二つ浮かび上がりました。
1日のワクチン接種件数、つまり接種のスピードを上げると、感染者数と死亡者数が減り、部分的ロックダウン期間を減らすことができる。
少ない感染者数の時点で部分的ロックダウンを開始すると、感染者数と死亡者数を減らすことができる。

再来確率の高い第4波によって失われる命を救うために役立つ最も重要な変数は、迅速なワクチン接種と早期の部分ロックダウン実施です(494)。

Hospitalization mortality among adults of all ages with COVID was 19% and seasonal influenza 6%, with COVID having a 3.5 times higher risk of death than influenza, a 1.5 times higher intensive care unit utilization, and a 1.5 times longer hospital stay (493).

According to the latest simulation results, the fourth wave will come from the spread of more contagious mutants.

By March to June, most of the mutant strains will be present. Therefore, if there is no effective vaccine at all, even if we continue to maintain a partial lockdown, the fourth wave of the epidemic will inevitably arrive between July and September.

In the case of a 35% increase in the infectivity of the mutant strain, and if the vaccine is more than 90% effective against the mutant strain, the higher the number of daily vaccinations, the later and milder the start of the fourth wave will be. If vaccination proceeds at a fast pace, the fourth wave will disappear. The slower the vaccination rate, the faster and larger the fourth wave will be, even if the vaccine is highly effective. Of course, with a low vaccination rate, especially among the elderly, if the vaccination rate is only 60%, a large fourth wave is inevitable no matter how fast you go.

If the mutant strain is 75% more infectious, the fourth wave will come no matter how hurried the vaccination is, but the more hurried it is, the later it will start, after October, and the smaller it will be.

Vaccine efficacy against mutant strains, vaccine refusal rates, and compliance with masks and social distancing are all highly uncertain and can lead to highly variable predicted outcomes.

On the other hand, we found two results that did not change when we changed all conditions.
Increasing the number of vaccines per day, i.e., the speed of vaccination, reduces the number of infected persons and deaths, and reduces the partial lockdown period.
Starting the partial lockdown at a low number of cases will reduce the number of cases and deaths.

The most important variables that can help save lives lost due to the fourth wave, which has a high probability of recurrence, are rapid vaccination and early implementation of partial lockdown (494).

The most important variables that can help save lives lost to infection due to the 2021 infection epidemic, which has a high probability of recurrence, are rapid vaccination and early partial lockdown implementation (494).

(493)

https://www.cmaj.ca/content/cmaj/early/2021/02/10/cmaj.202795.full.pdf

(494)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
5
東京都府中市にある「えはら医院」です。 最新の科学論文を中心としたエビデンスに基づく情報を独自の角度から分析し、これから何が起こり、私たちはどうすべきなのか、についてのヒントと指針を提供し続けています。当院へのアクセスはeharaclinic.comからどうぞ。