WISHING"Road To Recovery" 03/30/21 大量抗原検査戦略Mass antigen testing strategy

無症候感染こそが、パンデミックのとどまることのない拡大に決定的に貢献している原因です。感染したら必ず発症する感染症の場合は、発症者を隔離することによって感染源を囲い込んで消滅に追い込むことができます。しかし、無症状者はその囲い込みから漏れ続けます。このパンデミックは、この無害な火を消すことができる強固なサーベイランスと疫学的対策が広く実施されない限り、完全に鎮火することはできません(565)。

PCRは、元来大量使用には適しません。実験室のキャパシティは記録的な速さで拡大されていますが、PCR検査は依然として高価で、検査時間もかかることが多く、その実用性は低い。また、PCR検査は死んだRNA断片も検出するために、感染力がなくなった人まで拾い上げます。

迅速抗原検査は、安価で大量生産が可能であり、検査室が不要で、15~30分で結果が判明します。迅速抗原検査は、感染可能性が低いウイルス量の少ないケースの検出感度は低いのですが、感染可能性が高い感染者の70%以上を検出することができます。最近のラテラルフロー装置の感度は83~91%と推定されています。

スロバキアでは、2020年後半に集団迅速抗原検査を複数回実施し、それによる接触制限隔離策を採りました。合計で5,276,832件のSD-バイオセンサー標準Q迅速抗原検査による集団検査キャンペーンを実施。全国一斉に行った第1ラウンドでは、10歳~65歳までと65歳以上で就業中の人という該当集団の83%が、感染率の高い地域で実施された第2ラウンドでは84%が検査されました。加えて、キャンペーン時に隔離されていた住民や、地理的な県別データに含まれていない医療関係者、軍関係者、政府関係者に対して534,300件の検査が実施されました。

2回の集団検査を受けた45の郡では有病率が、潜在的交絡因子調整後でも、1週間以内に58%(57~58%)減少しました。集団検診キャンペーン前の1日あたりの流行の伸びが4.4%(1.1~6.9%)であったことを調整すると、流行の伸びがなかったと仮定した有病率の推定減少率は70%(67~73%)となりました。モデリングの結果、この有病率の急速な減少は集団検査による陽性者とその家族を隔離することによる効果であったことが確かめられました。

鼻腔ぬぐい液は自分で自宅で使用できます。また、自分で採取した綿棒は強制的でなく、子どもや学校での集団検査に適しています。無料で国全体に配布する検査キャンペーンと併せた隔離策は流行全体を抑制するという点で理にかなっています(566)。常に大切なことは、柔らか頭で発想し、今やっている方法に固執することなく、科学的に実証・予測されるその時その時の最適解を、次から次へと実践していくことです。

Asymptomatic infection is the cause of the critical contribution to the unstoppable spread of pandemics. In the case of infectious diseases that develop once infected, the source of infection can be surrounded and driven into extinction by isolating those who develop the disease. However, asymptomatic people continue to leak out of that enclosure. This pandemic cannot be fully extinguished unless robust surveillance and epidemiological measures are widely implemented that can extinguish this harmless fire (565).

PCR is by nature unsuitable for mass use. Although laboratory capacity is expanding at a record rate, PCR tests remain expensive and often take a long time to perform, making them impractical. PCR tests also detect dead RNA fragments, so they pick up even those who are no longer infectious.

Rapid antigen tests are inexpensive, can be mass produced, do not require a laboratory, and provide results in 15-30 minutes. Rapid antigen tests are less sensitive in detecting low viral load cases with low infectious potential, but can detect more than 70% of infected people with high infectious potential. The sensitivity of modern lateral flow devices is estimated to be 83-91%.

Slovakia conducted several mass rapid antigen testing campaigns in the second half of 2020 and adopted contact restriction and isolation measures accordingly. A total of 5,276,832 mass testing campaigns with SD-biosensor standard Q rapid antigen tests were conducted. In the first round, which was conducted nationwide, 83% of the relevant population (10 to 65 years old and people over 65 years old who were employed) were tested, and in the second round, which was conducted in areas with high infection rates, 84% were tested. In addition, 534,300 tests were conducted on residents who were quarantined during the campaign and on medical, military, and government personnel not included in the geographic province data.

In the 45 counties that received two rounds of mass testing, prevalence decreased by 58% (57-58%) within one week, even after adjustment for potential confounders. Adjusting for an epidemic growth of 4.4% (1.1-6.9%) per day before the mass screening campaign, the estimated reduction in prevalence assuming no epidemic growth was 70% (67-73%). Modeling confirmed that this rapid decline in prevalence was due to the effect of isolating those who tested positive and their families through mass testing.

Nasal swabs can be used by oneself at home. Self-collected swabs are not compulsory and are suitable for mass testing in children and schools. Quarantine measures in conjunction with a free country-wide testing campaign is a very reasonable way to control the entire epidemic (566). What is always important is to think with a soft head and not to stick to the current method, but to implement the best solution at the time, one after another, which is scientifically proven and predicted.

(565)

(566)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
2
東京都府中市にある「えはら医院」です。 最新の科学論文を中心としたエビデンスに基づく情報を独自の角度から分析し、これから何が起こり、私たちはどうすべきなのか、についてのヒントと指針を提供し続けています。当院へのアクセスはeharaclinic.comからどうぞ。