COVID-19 updates 09/22/20パンデミックが終わる形Image of the end of the pandemic

誰もが心の底ではパンデミックは終わると信じています。コロナと共存するのはまっぴらだと感じています。マスクを外して以前と同じような生活がやってきてほしいと願っています。パンデミックの歴史は、それに終わりがあることを教えてくれます。終わりのない始まりはないのが摂理です。だからパンデミックは必ず終わります。

どういう形で終わるのかを人々は知りたがっています。人類の30%がいなくなって終わるのか、何年もの間何度も波が訪れながら収束していくのか、それが知りたいのです。知ることで、心が折れることなく、信じて行動し続けることができます。そうした人々の姿勢の総和がパンデミックを終わらせる力そのものになります。

どういう形で終わるのかのイメージ、いわばロードマップが必要な理由です。

9月20日にあるように、
「感染拡大力=ウイルスの感染力×新規感染者数」≦「感染抑止力=社会的隔離力+免疫力」の関係が持続した場合に、ウイルスは消滅し、パンデミックは終わります。
専門家は一発で形勢が変わるとは考えていません。パンデミックは、ひとつの薬やワクチンによって、突然終わるものではありません。そんな期待のために時間と感情的なエネルギーを無駄にすることがないように現実を受け入れなければなりません。

そうではなく、不完全で小さな手段のひとつひとつが合わさって「感染抑止力」を構成する束になるのです。そうした手段を人類全体が積み重ねていくことで、「感染抑止力」を強く維持していくことができます。その結果、時間はかかるかもしれませんが、ゆっくりとした形でウイルスは消えていきます。

ソーシャルディスタンシングもマスクをつけることも「感染抑止力」の束になります。

ワクチンはもちろん「免疫力」の束の一つになります。しかし、ワクチンによってマスクが即座に不要になることはありえません。逆に、マスクが永久に生活の一部になることを受け入れることができれば、「感染抑止力」を強く維持することができるようになります。

できる限り屋外での交流や運動を維持することは「社会的隔離力」の束のひとつです。

滞在時間を短くすることも「社会的隔離力」の束のひとつです。呼吸器系ウイルスでは、高用量のウイルスを吸い込むと病気を引き起こす可能性が高くなります。リスクの高い場所には長居しないことです。

コロナウイルスを学校、オフィス、あらゆる社会活動の場で、迅速かつ確実に検出する体制を整備することは、「感染抑止力」の最も効果的な束になるはずです。

不可欠のインフラとしてあらゆる建物の換気設備を恒久的に改善することは重要な手段です。それにより、人々を守らなければ、企業や店舗に恒久的に人が戻ることができず、あらゆるもののサプライチェーンを回復させることもできません。

そして、都市、学校、企業、建物の活動が再開される段階では、活動を、いつ、どのように削減、閉鎖、撤退するのかの明確なガイドラインを準備しておくことが大切です。1週間で全てがシャットダウンされるような事態は、かえって「社会的隔離力」を機能不全にし、維持することが困難になる可能性があります。今後の動きが必ずしも正常化に向けた一方向性ではなく、上昇と下降を繰り返すつもりで準備しておくことが、「社会的隔離力」を強く維持する力になります。

こうした対策のすべては、パンデミックがどのように終わるのかをイメージしておくことにかかっています。これからやるべきことは、花火やパレードではなく、ただゆっくりと前進することだけです(191)(293)。

Deep down, everyone believes that the pandemic is over. We feel that we are not going to live with the corona entirely. We hope that life will come to life as it was before, with the mask off.
The history of the pandemic teaches us that it has an end. It is providence that there is no beginning without an end. So the pandemic will always end.

People want to know how it's going to end. They want to know if it will end with 30% of humanity gone, or if it will converge in waves that will come and go over a number of years. Knowing this will keep us believing and acting on it without breaking our hearts. The sum of those people's attitudes is the very force that will end the pandemic.

That's why we need a picture of how it will end, the so-called roadmap.

As of September 20.
If the relationship between "spreading power = virus infectivity x number of new infections" ≤ "deterrence = social isolation + immunity" is sustained, the virus will disappear and the pandemic will end.
Experts do not believe that a single shot will change the shape of the disease. Pandemics do not end abruptly with a single drug or vaccine. We must accept reality so that we don't waste our time and emotional energy on such expectations.

Rather, it is a bundle of small, imperfect means that together constitute a "deterrent to infection. The accumulation of such measures by all of humanity will enable us to maintain a strong "deterrent force for infection". As a result, it may take some time, but the virus will slowly disappear.

Both social distancing and wearing a mask are a bunch of "infection deterrents".

Vaccines, of course, are one of the "immune" bundles. However, the vaccine will not make the mask instantly unnecessary. On the contrary, if you can accept that masks will become a permanent part of your life, you will be able to maintain a strong "infection deterrent".

Maintaining as much outdoor interaction and exercise as possible is one of a bunch of "social isolation forces".

Shortening the length of stay is another bundle of "social isolation power".
With respiratory viruses, inhaling high doses of the virus increases your chances of getting sick. Don't stay in high-risk areas for too long.

A system for rapid and reliable detection of coronavirus in schools, offices and all social activities should be the most effective bundle of "transmission deterrence".

Permanently improving the ventilation system of every building as an essential infrastructure is an important tool. Without it to protect people, we will not be able to permanently bring people back to our businesses and stores, and we will not be able to restore the supply chain of everything.

And when cities, schools, businesses and buildings are back in operation, it is important to have clear guidelines in place for when and how activities will be reduced, closed or withdrawn. A situation where everything shuts down in a week could in fact cripple the "social isolation force" and make it difficult to maintain. Being prepared with the intention that future movements will not necessarily be unidirectional towards normalization, but rather a series of ups and downs, is a force that will keep the "social isolation force" strong.

All of these measures depend on imagining how the pandemic will end. All we need to do now is to move forward slowly, with no fireworks or parades, only slow progress (191)(293).

(191)

(293)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Many Thanks to you
1
東京都府中市にある「えはら医院」です。 最新の科学論文を中心としたエビデンスに基づく情報を独自の角度から分析し、これから何が起こり、私たちはどうすべきなのか、についてのヒントと指針を提供し続けています。当院へのアクセスはeharaclinic.comからどうぞ。