COVID-19 updates 11/04/20(1)今後の感染動向は人間活動しだいHuman activity will determine future infection trends

外が暑くても寒くても、COVIDの伝染は人間の行動に依存していることがわかりました。実験室レベルでは、天候や気象は感染力に影響する要因ですが、感染状況の大きな動きを予測するための要因としての重要度は2.6%<3%でした。
感染動態を決めるものは順に、人間の移動度合34%、ホームステイ時間26%、人口規模23%、都市密度13%の相対重要度でした。つまり感染動態を決める要因は、「どれぐらい多くの人々がどれぐらいの回数と距離を移動するのか、逆に家でじっとしているのか」と「どれぐらい多くの人々が集まっているか」ということです。

流行方向決定式Ⓟ
「感染拡大力=ウイルスの感染力×新規感染者数」=「感染抑止力=社会的隔離力+免疫力」
の左側の「ウイルスの感染力」は寒くなると大きくなる可能性が指摘されていました【10月17日】。しかし、弱毒化を示すゲノム情報もないので、冬になっても左側の「感染拡大力」は今とほぼ同じと考えておいてもよさそうです。一方、右側の「免疫力」の変化の兆しは見えていないので、今後の予測方向は単純に「社会的隔離力」の変化によって決まると考えてもよさそうです。考慮する変数がひとつ減りました。
マスクは感染伝播を40%抑止するとされているので【10月14日】、人の移動と人口密度による効果を打ち消す方向に働いていると考えられます。今回の解析結果をみると、まるでマスクが感染拡大をずっと抑え続けているようにも読み取れました(362)。

どうやらマスクは常にブレーキをかけ続けてくれているのですが、今より多くの人々がより多く移動し、集まるようになって、マスクが抑えてくれる力を越えてしまえば、まだまだ感染流行は上を向いてしまいます。社会経済活動の向きは変わることはないので、マスクの閾値がどこにあるのかも自ずと答えが出てきます。

Whether it was hot or cold outside, COVID transmission was found to be dependent on human behavior. At the laboratory level, weather conditions are factors that influence infectivity, but the importance of weather as a factor in predicting greater movement of the transmission situation was 2.6% < 3%.
The determinants of infection dynamics were, in order, human mobility 34%, homestay time 26%, population size 23%, and urban density 13% relative importance. In other words, the factors that determine the transmission dynamics are "how many people travel and how often and how far they travel, or conversely, whether they stay at home" and "how many people are gathered together".

Trend direction formulaⓅ
"Power of infection spread = Infectivity of the virus x the number of new infections" = "Infection deterrence = Social isolation + Immunity"
It has been pointed out that the "infectivity of the virus” on the left side may increase in cold weather [Oct. 17]. However, since there is no genomic information indicating a weakening of the virus, it seems safe to assume that the "Power of infection spread" on the left side will remain the same even after winter. On the other hand, since there is no sign of a change in "Immunity" on the right side, it seems safe to assume that future predictions will be determined simply by changes in "Social isolation". One less parameter for prediction.
Since masks are believed to deter the transmission of infection by 40% [Oct. 14], they are likely to work in the direction of counteracting the effects of human mobility and population density. The results of this analysis can be read as if the masks were keeping the spread of the infection under control all the time (362).

Apparently, the masks are always putting the brakes on, but as more and more people move and congregate now, the epidemic will still go up once the power of the masks to contain it is exceeded. Since the direction of socio-economic activity never changes, the answer is also self-evidently where the mask threshold is.

(362)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキありがとうございます。
1
東京都府中市にある「えはら医院」です。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する最新情報を発信しております。 当院の詳しい診療情報は eharaclinic.com からご覧ください。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。