WISHING"Road To Recovery" 04/08/21 とんでもない新たな疫病の第1波到来、振出しに戻っていますWe're back to square one with the advent of a ridiculous new plague

B.1.1.7とその他の変異株について語る場合、それらはこれまでのCOVIDとは全く別の新たな疫病として扱ってください。「リバウンド」だとか「第4波」だとかのんびり言ってる場合ではありません。とんでもないウイルスの第1波が始まっています。これまでのD614G変異株による流行はもう収束しました。

あらゆる株を総感染者数にひっくるめてしまうと、はじまったばかりのB.1.1.7などの変異株の動きが見えなくなります。ヨーロッパ大陸では、B.1.1.7感染者の波が何ヶ月も前から発生していましたが、安定した感染の流れの中でほとんど気づかれませんでした(575)。

これまでのCOVIDの伝播の仕方の特徴は、8割の人は誰にも感染しないか、少数の人にしか感染しない一方で、1~2割の人が多くの人に感染させるという不均等な拡がり方でした。

広いグラウンドに1メートル間隔で格子状に人(ノードと呼びます)が並んでいるとします。その中にたまたま発端の感染者が発生し、しかもそれがスーパースプレッダー(超拡散者)である場合に限り、それを囲む8人(ノード)のうち何人かに伝播します。例えば、8人全員に感染させたとします。ところが、感染した8人のうち7人はその隣接したノードに伝播させず、たった1人だけが隣接するノードにさらに伝播させます。

結果的には、発端者から隣接したノードのうちの1人に伝播し、それがまた1人に伝播させるという一本の線状にたどれる伝播様式なので、その連鎖の順番がやってこなければ感染することがありませんでした。【10月30日】【11月04日】特に格子状に並んだノードが全員子供の場合には、さらに伝播率は低くなり、伝播の鎖がすぐに途切れてしまいました。

ところが、変異株B.1.1.7の場合は、発端者を囲む8人のノードのうち3~4人ぐらいに伝播します。つまり、発端者周囲の四方向に伝播が連鎖していくようになります。これが繰り返されていくと、グラウンド全体に拡がる格子状のノードのあちこちで縦横に均等に連鎖が起こってきます。

教室内の格子状に並んだ生徒たちの間にある日、インフルエンザの発端者が現れると、それを取り囲む生徒たちに縦横の格子に沿って均等に感染者が拡がっていくのと全く同じような伝播様式になるのです。こうしてあっという間に教室内クラスターが発生します。

どうやらB.1.1.7の場合はこれまでとは異なり、このように子供集団においても容易に格子状に均等に感染が広がることで、各地でクラスターが発生しています。その結果、状況は一変し、子供集団がインフルエンザと同じような感染プールを作り、彼らが大人に感染させるようになっています。米国ではせっかく再開した課外活動の中止や学校閉鎖も議論され始めています(576)。

B.1.1.7は、オリジナルのウイルスに比べて致死率が67%高く、感染者はより多くのウイルスを、より長く保有するようです。

ほとんどのワクチンはB.1.1.7に有効なのですが、B.1.1.7が流行した英国では、4か月間の大規模ワクチン・キャンペーンだけでは足りず、再ロックダウンが必要でした。EUの国々でも大阪でも、ワクチンがないままB.1.1.7が一旦拡がり始めた国や地域では、これまでと同じ抑制策だけでは間違いなく制御不能になります(575)。

そして今度はこれまでと違って、学校や課外活動という枠の子供集団に対しての定期的大量スクリーニング検査をしながら活動を継続するか、さもなくば、早急に学校閉鎖と課外活動停止をする必要があると考えられます(576)。

(世界の論文でB.1.1.7の数学モデル解析による上記のようなシミュレーション報告はまだありません。本文の伝搬モデルは、平易に説明するための、フィールド・データから推測される私見による暫定モデルです。)

When talking about B.1.1.7 and other variants, please treat them as a new epidemic, completely separate from the previous COVIDs. An epidemic of a terrible virus has begun. The previous epidemic with the D614G variant is over.

If you lump all the strains into the total number of infected people, you will not be able to see the movement of the B.1.1.7 and other mutants that have just started. In continental Europe, waves of B.1.1.7 infections have been occurring for months, but have gone largely unnoticed in the steady flow of infection (575).

The characteristic of the way COVID has spread so far has been an uneven spread, with 80% of people infecting no one or only a few, while 10~20% of people infecting many.

Let's say you have a large field with a grid of people (called nodes) spaced 1 meter apart. Only if the originator of the infection happens to be among them, and only if it is a super spreader, will it spread to some of the eight people (nodes) surrounding it. For example, let's say you infected all eight people. However, seven of the eight infected people do not spread it to their neighboring nodes, and only one of them spreads it further to the neighboring nodes.

As a result, since the mode of transmission can be traced in a single line, from the originator to one of the neighboring nodes, which in turn transmits the infection to one more person, there is no infection unless the order of the chain arrives. The transmission rate became even lower, especially when all the nodes in the grid were children, and the chain of transmission was quickly broken.

In the case of mutant B.1.1.7, however, propagation occurred in about three to four of the eight nodes surrounding the originator. In other words, the spread of the mutation is cascading in four directions around the originator. If this process is repeated, the chain of propagation will occur evenly in all directions here and there in the grid of nodes spread out over the entire ground.

This is exactly the same way as when a person with the flu appears one day among the students lined up in a grid in a classroom, and the infected person spreads evenly along the grid to the surrounding students. In this way, a cluster in the classroom is quickly generated.

Apparently, in the case of B.1.1.7, unlike in the past, the infection can easily spread evenly along the grid in a group of children, thus creating clusters in many places. As a result, the situation has changed drastically, with child populations creating a pool of infection similar to that of the flu, which they can then pass on to adults. In the U.S., the cancellation of extracurricular activities that had been resumed and the closing of schools have begun to be discussed (576).

B.1.1.7 has a 67% higher fatality rate than the original virus, and infected individuals appear to harbor more of the virus and for longer.

Most vaccines are effective against B.1.1.7, but in the UK, where B.1.1.7 was prevalent, a four-month massive vaccine campaign was not enough and a re-lockdown was necessary. In countries and regions where B.1.1.7 has once started to spread without a vaccine, whether in the EU countries or Osaka, the same control measures as before will definitely not be enough(575) .

And this time, unlike in the past, it will be necessary to continue activities with regular mass screening of the child population in schools and extracurricular activities, or else to close schools and suspend extracurricular activities as soon as possible.

(575)

(576)

https://www.washingtonpost.com/health/2021/04/06/youth-sports-outbreaks-covid-testing/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
よろしければシェアお願いいたします。
6
東京都府中市にある「えはら医院」です。 最新の科学論文を中心としたエビデンスに基づく情報を独自の角度から分析し、これから何が起こり、私たちはどうすべきなのか、についてのヒントと指針を提供し続けています。当院へのアクセスはeharaclinic.comからどうぞ。