相沢光二

H3年生まれ。男。小説、旅行の風景などを投稿します。
  • ピアニストの若者は一曲の演奏に魂を込める。その曲は、英雄と呼ばれる曲であった。一台のピアノの音に魅せられる若者たち。若者

音よ鳴れ!  ページ5・短編小説

今は覚えていてもいつかは忘れるあのグランドピアノの音。これまでの自分の沈んでしまった気持ちが、嘘のように雄二はあの時の音を思い出そうとしていた。まるで、昔師事し...

音よ鳴れ! ページ4・短編小説

工場では、様々な仕事に関わることができた。新しい作業を覚えて実践すると、いつも同じ作業ばかりの毎日が少しだけ楽しいものになった。雄二は毎日に充実感を感じてはいた...

音よ鳴れ! ページ3・短編小説

「HPは作らない」 以前に真也の口から聞いた言葉が雄二からすると、あまりにも時代に逆行している気がした。 「昔から来てくれる人を大事にしたいんだ」 真也がそう言っ...

音よ鳴れ! ページ2・短編小説

「あの人誰ですか?」 「ああ、IT関係の営業さん。HP作成を勧められてね。断ったんだけれど、何度か来ている内にピアノを弾いて帰るようになったんだ」 「一曲だけ?」 ...

音よ鳴れ! ページ1・短編小説

泉雄二が音が違うと気付いたのは、工場の仕事を終えた翌日、散歩の途中で寄った家の近くのカフェでうたた寝をして右の手の平にあるスマホを落としかけた時であった。 コー...