PORTFOLIO
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

PORTFOLIO

西田編集長  NISHIDA Atsushi

A curator that connects the city and art──The city is the best encounter place.

CV
NISHIDA Atsushi is Independent Curator and Project Manager. Born in 1986. based in Tokyo, Japan. His curation interests are Encounter in the city and anarchism, queer, post-human. Curated include "Non Not equal Between man and matter" (3331 Arts Chiyoda, Organized as part of the "3331 ART FAIR 2021"), "Try the Video-Drawing" (Co-organized, TAV GALLERY, 2021), "NIGHTLIFE" (ANB Tokyo, 2020), "Non-Human Control" (TAV GALLERY, 2020), "Evolution of Amusement park city" (Co-organized, RELABEL Shinsen, 2020). Projects include "Stilllive: Performance Art Summit Tokyo" (Organized by Stilllive, Goethe-Institut Tokyo, 2021-), "tomotosi Museum of Contemporary City" (Co-operation, 2020-).

略歴

西田編集長  NISHIDA Atsushi
1986年富山県出身。Independent Curator / Production Manager。出版社勤務を経て、「拡張する編集」というヴィジョンのもと、編集者の技術を応用したキュレーションを実践。活動テーマは「都市とは最高の出会いの場である」。主な企画展に「非≠人間と物質 / Non Not equal Between man and matter」(3331 Arts Chiyoda, Organized as part of the "3331 ART FAIR 2021") 、「NIGHTLIFE」(ANB Tokyo, Organized as part of the "ENCOUNTERS" Exhibition, 2020) 、「遊園地都市の進化」(共同企画, RELABEL Shinsen, 2020) など。主なプロジェクトに「Stilllive: Performance Art Summit Tokyo」(Organized by Stilllive, ゲーテ・インスティトゥート東京, 2021-) 、「TOMO都市美術館」(共同運営, 2020-) など。

主な活動歴 (キュレーション)

2021 「非≠人間と物質 / Non Not equal Between man and matter」(3331 Arts Chiyoda,「3331 Art Fair 2021」内, 東京・秋葉原)
2021 「Stilllive: Performance Art Summit Tokyo 2021-2022──衛生・変身・歓待」(Organized by Stilllive, ゲーテ・インスティトゥート東京, 赤坂)
2021
 「小林勇輝 Art Works 2012-2021」(TAV GALLERY, 東京・阿佐ヶ谷)
2021
 「Try the Video-Drawing」(共同企画, Co-organized by 林千歩, TAV GALLERY, 東京・阿佐ヶ谷)
2020 「NIGHTLIFE」(ANB Tokyo オープニング展「ENCOUNTERS」内, 東京・六本木)
2020 「ノンヒューマン・コントロール」(TAV GALLERY, 東京・阿佐ヶ谷)
2020 遊園地都市の進化」(共同企画, Co-organized by 渡辺志桜里, RELABEL Shinsen, 東京・渋谷)

主な活動歴 (プロジェクト
マネジメント)
2021-Stilllive: Performance Art Summit Tokyo」(Organized by Stilllive, ゲーテ・インスティトゥート東京, 赤坂)
2020-  
TOMO都市美術館 (共同運営, 東京・西荻窪)
2017 
「TRANS ARTS TOKYO 2017」(Organized by 一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN, 統括ディレクター 中村政人, 東京・神田地区)
2016 「TRANS ARTS TOKYO 2016」(Organized by 一般社団法人非営利芸術活動団体コマンドN, 統括ディレクター 中村政人, 東京・神田地区)
2014-2021   TAV GALLERY Manager (東京・阿佐ヶ谷)

その他
2020  令和2年度 文化庁 大学における文化芸術推進事業 「RAM Association: Research for Arts and Media-project」 修了
2017  平成29年度 文化庁 戦略的芸術文化創造推進事業 「プロジェクトスクール@3331」 修了
2016  平成28年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業 「geidaiRAM:Research-based Arts Management」 修了


──Curation Work 1
"Non Not equal Between man and matter" Group Exhibition

011028_Z6II_0029_A(完成)

011028_Z6II_0225(完成)

011028_Z6II_0257(完成)

011028_Z6II_0192(完成)

011028_Z6II_0131_A(完成)

011028_Z6II_0293_A(完成)

Installation views: 2nd──KOBAYASHI Yuki, 3rd──SUZUKI Sou, 4th──WATANABE Shiori, 5th──SAITO Hanna, 6th──runurunu
Photography by SAKAI Toru
-
All Installation views from the below.
https://photos.app.goo.gl/E35n7Fa7P9Wkqp2N6
-
"非≠人間と物質 / Non Not equal Between man and matter" Group Exhibition at 3331 Arts Chiyoda, Organized as part of the "3331 ART FAIR 2021", Tokyo, Japan
-
Participating artists: 小林勇輝 KOBAYASHI Yuki, 齋藤帆奈 SAITO Hanna, 鈴木操 SUZUKI Sou, runurunu, 渡辺志桜里 WATANABE Shiori
Architecture by REPIPE
-
Curated by 西田編集長 NISHIDA Atsushi
-
Schedule: 2021.10.28 - 10.31


──Curation Work 2
"Stilllive: Performance Art Summit Tokyo 2021-2022──Hygiene / Transformation / Conviviality" Group Showing

画像51

画像52

画像53

画像56

画像55

画像56

Performance views: 1st, 2nd──Session in the Hall, 3rd──NIZIKA [NIZIKATAMURA], 4th──SHIKICHI Osamu, TAKUMICHAN [HASHIMOTO Takumi], 5th──WATANABE Makoto, 6th──OKADA Hiroko
Photography by SAKAI Toru──1st, 4th, 5th, 6th, KOBAYASHI Ayumi──2nd, 3rd
-
All Performance views from the below.
https://photos.app.goo.gl/KLWK8XvYQsUwoijm6
-
"Stilllive: Performance Art Summit Tokyo 2021-2022──Hygiene / Transformation / Conviviality" Group Showing at Goethe-Institut Tokyo, Japan
-
A performance art show featuring 27 participants that reconsiders issues of the body and common consciousness in the age of COVID-19. (cited from Tokyo Art Beat)
-
Participating artists:
アグネス吉井, 姥凪沙, 岡田裕子, 長田萌香, 小野龍一, ガブリエル・リード, 川口隆夫, 小林勇輝, 小宮りさ麻吏奈, 阪口智章, 佐野桃和子, 敷地理, 関優花, 田上碧, たくみちゃん (橋本匠), 点子, トモトシ, 中島りか, 中谷優希, 虹賀 (NIZIKATAMURA), 花形槙, 濱田明李, 帆波 (MIRA新伝統), 前田菜々美, 山岡さ希子, 吉田拓, 渡邉洵
Aguyoshi, UBA Nagisa, OKADA Hiroko, OSADA Moeka, ONO Ryuichi, Gabrielle Reed, KAWAGUCHI Takao, KOBAYASHI Yuki, MARINA LISA KOMIYA, SAKAGUCHI Tomoaki, SANO Towako, SHIKICHI Osamu, SEKI Yuka, TAGAMI Aoi, TAKUMICHAN [HASHIMOTO Takumi], Tenko, tomotosi, NAKASHIMA Rika, NAKAYA Yuki, NIZIKA [NIZIKATAMURA], HANAGATA Shin, HAMADA Miri, HONAMI [MIRA新伝統], MAEDA Nanami, YAMAOKA Sakiko, YOSHIDA Taku, WATANABE Makoto
-
Organized by Stilllive
Planted by 小林勇輝 KOBAYASHI Yuki
Curated by 西田編集長 NISHIDA Atsushi
-
Schedule: 2021.10,.17 


──Curation Work 3
"KOBAYASHI Yuki Art Works 2012-2021" Solo Exhibition

画像46

_8101271(完成)(Re.)

_DSC4812(完成)(Re.)

_DSC4868(完成)(Re.)

_DSC4604(完成)(Re.)

Installation views: 1st-5th──KOBAYASHI Yuk of "KOBAYASHI Yuki Art Works 2012-2021" / 1st, 2nd──KOBAYASHI Yuki《Cheers》from the series of “Life of Athletics” – 2021, Performance, Performance Duration 15:00 min, Location : TAV GALLERY, Tokyo, Japan, 2021
Photography by SAKAI Toru
-
All Installation views from the below.
Website (Japanese) : http://tavgallery.com/kobayashiyuki/
-
"小林勇輝 KOBAYASHI Yuki Art Works 2012-2021" Solo Exhibition at TAV GALLERY, Tokyo, Japan
-
The exhibition will include the early works of Yuki Kobayashi from 2012, "New Gender Bending Strawberry" (2012-) series, a multimedia performance-based series, and the “Life of Athletics” (2014-) series, which reexamines the fundamental aspects of the construction of gender by using sports, which pursue human physicality to its limits, as materials. The exhibition will feature 17 video works from Kobayashi’s early works to his latest works, including “I or Another” (2021), which attempts to neutralize gender from the perspective of risk and social responsibility, such as the visibility of masculinity, violence, and the superiority of the majority. Throughout his activities and works, Kobayashi has been questioning all the norms of the times and attempting to cut into issues of gender, race, disability, and nationality from the perspective of discrimination, stereotypes, and the sense of discomfort and preconceptions glimpsed in everyday life. (cited from Tokyo Art Beat)
-
Participating artists: 小林勇輝 KOBAYASHI Yuki
-
Curated by 西田編集長 NISHIDA Atsushi
-
Schedule: 2021.6.26 - 6.27


──Curation Work 4
"Try the Video-Drawing" Group Exhibition

画像46

画像47

画像46

画像46

画像46

Installation views: 1st──HAYASHI Chiho / 2nd──IZUMI Taro (center), OKI Hiroyuki (left), TAMURA Yuichiro (right) / 3rd──KOBAYASHI Yuki (left), OLTA (right) / 4th──KOBAYASHI Yuki /  5th──MARINA LISA KOMIYA
Photography by SAKAI Toru
-
All Installation views from the below.
Website (Japanese) : http://tavgallery.com/try-the-video-drawing/
-
"Try the Video-Drawing" Group Exhibition at TAV GALLERY, Tokyo, Japan
-
This group show spotlighting the fundamental expressions and potential of video features works running three minutes or less by eight artists active over the past 30 years. Their works range from documentaries to narrative features, installations, and interactive pieces. (cited from Tokyo Art Beat)
-
Participating artists: 泉太郎 IZUMI Taro, 大木裕之 OKI Hiroyuki, 岡田裕子 OKADA Hiroko, オル太 OLTA, 小林勇輝 KOBAYASHI Yuki, 小宮りさ麻吏奈 MARINA LISA KOMIYA, 田村友一郎 TAMURA Yuichiro, 林千歩 HAYASHI Chiho
-
Organized by 西田編集長 NISHIDA Atsushi & 林千歩 HAYASHI Chiho
Curated by 西田編集長 NISHIDA Atsushi
-
Schedule: 2021.5.14 - 5.31
Exhibition Critique (Japanese): 
── "「3分以内の映像作品」は2021年の「マイクロポップ」になりえるか? 布施琳太郎評「Try the Video-Drawing」" | Text by 布施琳太郎 | 美術手帖
https://bijutsutecho.com/magazine/review/24186
── "林千歩の映像作品 悪趣味な仮装 受動と能動の体現" | Text by 福住廉 | 共同通信
https://photos.app.goo.gl/Fpj6CAyk1pgPKjJM8


──
Curation Work 5
"NIGHTLIFE" Exhibition of two artists

画像26

画像21

画像24

画像31

画像31

Installation views: 1st, 2nd, 3rd──Houxo Que, MES / 4th, 5th──MES
Photography by ANB Tokyo
-
All Installation views from the below.
https://photos.app.goo.gl/4ms3a5sEbotPVNaFA
-
3D Installation views from the below. (3D Archive by ARCHI HATCH)
Installation views of "NIGHTLIFE" Group Exhibition
-
"NIGHTLIFE" Exhibition of two artists at ANB Tokyo, Tokyo, Japan
-
"NIGHTLIFE" exhibition is held as a program of the opening exhibition "ENCOUNTERS" of the new art complex "ANB Tokyo" born in Roppongi. The theme is night activities in the city. Participating artists are Houxo Que and MES, whose origins are street and club culture.
-
Participating artists: Houxo Que、 MES / Sound: LLLL
-
Curated by 西田編集長 NISHIDA Atsushi
-
Schedule : 2020.10.11 - 11.8


──
Curation Work 6
"Non-Human Control" Group Exhibition

画像24

画像39

画像39

画像39

画像39

Installation views: 1st──ARAKI Yukari (center), SAITO Hanna (left, right) / 2nd, 3rd──SAITO Hanna / 4th, 5th──WATANABE Shiori
Photography by SAKAI Toru
-
All Installation views from the below.
Website (Japanese) : http://tavgallery.com/non-human-control/
-
"ノンヒューマン・コントロール / Non-Human Control" Group Exhibition at TAV GALLERY, Tokyo, Japan
-
This exhibition explores the relationship between human and non-human. (cited from Tokyo Art Beat)
-
Participating artists: 荒木由香里 ARAKI Yukari, 齋藤帆奈 SAITO Hanna, 渡辺志桜里 WATANABE Shiori
-
Curated by 西田編集長 NISHIDA Atsushi
-
Schedule : 2020.9.12, 2020 - 10.4
Exhibition Critique (Japanese): 
── "ポスト資本主義は「新しい」ということを特権としない" | Text by 卯城竜太 (Chim↑Pom) | 美術手帖
https://bijutsutecho.com/magazine/insight/22981
── "「非人間」と共生するふたつの作品から見える、差別に対抗する手段とは"| Text by 佐々木ののか | QJWeb
https://qjweb.jp/journal/43695/


──
Curation Work 7
"Evolution of amusement park city"Group Exhibition

画像40

画像40

画像14

画像39

画像40

Installation views: 1st──WATANABE Shiori《emoticon-M, emoticon-Ma, emoticon-A》/ 2nd──tomotosi《Tattooing Rights》(Tattooist by SATO Hanae) / 3rd──YOON HUH《人を考えさせるサンドバッグ》/ 4th──TANAKA Arisa《VIP》/ 5th──WATANABE Makoto《原発ジプシー》
Photography by Artists
-
All Installation views from the below.
https://photos.app.goo.gl/EuPHAVUdQh3LmXNp8
-
"遊園地都市の進化 / Evolution of Amusement park city" Group Exhibition at RELABEL Shinsen, Tokyo, Japan
-
A one-day art program "Evolution of Amusement park city" was held in a building on the 6th floor in Shibuya, which has been decided to be demolished. More than 50 artists participated. More than 1000 visitors were recorded.
-
Participating artists (EXHIBITION): 青木理紗、 アーの人、 イナタウツボ、 UN@!!、 大瀧裕也、 大塚諒平、 久保田智広、 小宮麻吏奈、 佐藤はなえ、 渋家、 杉野晋平、 SUGINO RYUKI、 スナックその、 副島泰平、 曽根安代、 Taka Kono、 竹田壮一郎、 田中亜梨紗、 CHERRY、 TKA4、 NAZE、 橋場佑太郎、 濵田明李、 FABULOUZ、 藤田直希、 べるりん、 間庭裕基、 光岡幸一、 南島興、 三原回、 宮崎悠、 YOON HUH、 湧水、 渡辺志桜里、 渡邉洵
Participating artists (EXIBITION : 4th floor Video Exhibition「内見フロア」): 青柳拓、 秋山佑太、 今井新、 海野林太郎、 金藤みなみ+VJ.曽根安代、 駒嶺ちひろ、 齋藤はぢめ、 高田冬彦、 トモトシ、 宮野かおり
Participating artists (LIVE PERFORMANCE「KCN Presents 続・台所革命~February revolution~」): KCN (kitchen)──[杉野晋平、 村上裕、 吉田山] 、 Aokid、 光岡幸一、 ちびガッツ、 タクミちゃん、 チーム食卓 (石毛健太&渡邊慎二郎) 、 酒井直之、 阿目虎南、 べるりん
Talk guest: 高須咲恵、 風間美希、 竹沢徳剛、 吉田尚弘、 中島晴矢、 ayano_chan
Collaboration participating: Yaaaz (MES、 蜻蛉、 高橋洋平、 在音東京) 、 αβ≠MR (ABEBE、 KZMR)
-
Organized by 西田編集長 NISHIDA Atsushi & 渡辺志桜里 WATANABE Shiori
General Curated by 西田編集長 NISHIDA Atsushi
-
Co-Curated by 秋山佑太 AKIYAMA Yuta & トモトシ tomotosi (4th floor Video Exhibition「内見フロア」)  , 吉田山 Yoshidayama (LIVE PERFORMANCE「KCN Presents 続・台所革命~February revolution~」)
-
Schedule: 2020.2.23


 ──Media Coverage 1

『BRUTUS』──若手アーティストが美術館造ってみた。
TOMO都市美術館は、2020年4月に東京・西荻窪に開館した、現代都市における実験的な試みを実践・紹介する美術館。アーティスト・トモトシの常設展および、インディペンデントキュレーター・西田編集長によるトークプログラムや不定期のパーティ、学芸員やディレクターによる都市と芸術をテーマとした企画展を開催する。

画像41


──Media Coverage 2

『月刊koe』 特集:シブヤ再定義。 ──対談 渋谷にコミットする
渋谷 「hotel koé tokyo」 の2周年にあたって、 「文喫 六本木」 「箱根本箱」 などを手掛ける日本出版販売株式会社のブックディレクションチーム 「YOURS BOOK STORE」 が始動させた、 空間を雑誌に見立てて展開する “入り込む雑誌” 『月刊koe』という企画にて、 渋都市 inc. 代表取締役市長のとしくにと共に取材を受けたインタビュー記事。

画像18


──Writing for Media 1

『DAWN』 # STAYHOME100
インディペンデント・ストリートカルチャーマガジン「DAWN」による、 100人のカルチャー実践者が ”今、 何をして、 何を考えているのか?” に答える企画。 「様々な人が置かれた現状や考え、 生活の知恵は、 まだ当分続くであろう不安定な環境に適応をしていくための一助になるはずだ。 」 との趣旨。

画像19


──
Writing for Media 2

『BRUTUS』 特集:現代アートと暮らしたい!──今なら買える! 24組の有望作家カタログ
「アート通の方々に、 いま注目で、 近い将来さらに評価も上がって行くであろうアーティストを推薦してもらいました。 」 という企画に参加。 梅津庸一、 小林健太、 縄文族の3名 (組) を推薦し、 リコメンドを寄稿。

画像18


──
Talk event 1

3331 ART FAIR 2021|Curator’s Voices
登壇者:山本浩貴 (金沢美術工芸大学 講師) 、西田編集長 (インディペンデント・キュレーター / プロジェクト・マネージャー)
-
3331 ART FAIR 2021は、学芸員、キュレーターをはじめとした美術関係者にアーティストを推薦していただき、推薦者ごとにブースを展開しております。これは、推薦者の存在をより濃く現したアートフェアを目指すべく、本年からの初めての試みです。限られた空間のなかで、どういったテーマのもとに作家、作品が選ばれていったのでしょうか。ときに作家よりも深い眼差しで作品を見つめる彼らから、展示に至るまでの背景を、そしてテーマに込められた思いについてお伺いします。第三弾は、山本浩貴氏(金沢美術工芸大学 講師)、西田編集長(インディペンデント・キュレーター / プロジェクト・マネージャー)にお話いただきます。作品に対する理解を深める貴重な機会です、ぜひご覧ください。


──
Talk event 2

「都市のみる夢」 オンラインイベント
「〈ひとり空間〉の時代に————今日の都市における実践の可能性」

ゲスト:南後由和 (社会学者) 、西田編集長 (アートプロジェクトディレクター) /聞き手:中島りか (tmyc) 、ミズタニタマミ (tmyc)
-
建築やメディア論を横断しながら、現在の都市の要素となる〈ひとり空間〉をキーワードに、個人と集団の空間、そしてその中間空間を研究する社会学者の南後由和氏と、〈拡張する編集〉というヴィジョンのもと、都市を舞台に現代美術を中心としたアートプロジェクトを実践するアートプロジェクトディレクターの西田編集長のお二人を招き、今日における都市空間と如何に向き合うかを議論する。また、南後氏の研究するシチュアシオ二ストのメンバーであった、コンスタントが提唱した都市プロジェクト「ニューバビロン」をもとに、〈ひとり空間〉の時代の都市における実践の可能性を探る。

画像52

CONTACT
Instagram : @nishida_henshuuchou
Twitter : @_edit451
Facebook : @edit451.pub
Mail : edit451.pub@gmail.com
西田編集長  NISHIDA Atsushi
Independent curator / Project Manager|TOMO都市美術館 Resident