見出し画像

書きかけの note が溜まってゆくこと

EarlyBird

「あるある」 かもしれない。


あるテーマについて思い付いて、書いてみる。

映画を観る。本を読む。
感想を書き留めたくなる。
昔のことを思い出したりする。


書いていくうちにどんどんどんどん長くなっていってしまって、とりとめもなくなって「誰も読まないどころか自分でも読み返したくないわ…… (-_-)」 となる。


私の 「書く」 は、クリエイテビティの現れではない。排泄に似ている。
だから 「素晴しい!」 と、額に飾って眺めておきたいものでもない。



モヤモヤする時期がある。
何が原因なのか、モヤモヤの正体さえ分らない。特に何か嫌なことがあった、というものでもない。
いつも、言語化はできない。

ただ単に 「暑くてやる気が起きない」 というだけかもしれない。

とりあえず思ったことを書き出してみる。
くだらなければくだらないほど良いと思う。


他の方の note を拝見して、「凄く引き込まれる文章だなぁ」 と思ったり、「とても分りやすくて無駄なくまとまっているなぁ」 と思う。

すてき すてき
うみぼうずが でるから すてき!

みたいな気分になる。


が、自分がそれになろうとは努力しない。
怠惰だからだ。


仕事やハンドメイドとは違い、金銭は発生していないのだから、私が気を付けるのは、

  • 意図的に誰かを傷付けない、攻撃しない

  • 自分のも含め、うっかり個人情報を晒さない

のみでよいはずだ。


私は昔から自分の怠惰を許容する人間だったと思う。そしてこれは自分の長所だと思う。
そしてそれを軽蔑する人がいても当たり前だと思う。

私はある動物園でサルを見た時、彼らがただダラダラダラダラ寝っ転がっていることに 「怠惰だ!」 となぜかイライラした (^^;) サルだよ?
この気持が自分にある限り、人のことは責められまい。


オールラウンダーなんかにならなくていいではないか。
拙くても良いではないか。
「コイツ、使えないな」 と見限られれば、その仕事は回ってこないのだから \(^o^)/
仕事ではないのなら、誰にも迷惑をかけることはないのだ。

できないことをできるようにする必要はない。できないことは対価を払ってエキスパートにお願いすればいい。


苦手克服、というものをしたことがない。
成績は悪いものは悪いまま、泳ぎもヘタだがカナヅチではないのでそのまま。
運転免許も持っていないし、事故ると思うので取るつもりもない。

今も歴史は成績の悪い現役中学生よりできない自信がある。


子どもの時の習い事は書道のみだが、字が上手くなっていない。
未だに宛名書きしては 「なんで上手く書けないのかなぁ」 と不思議である。
毎回ちょっと、ムーン…… (-_-) となる作業。


「プライベートならやりたくないことだけれど、身に付けたいこと」 があるなら、それは仕事にするようにしている。
なんせ毎日 8 時間もやるので否が応でも身に付く。

私は怠惰なので環境を変えないと変われない。


なんだか怠惰自慢みたいになってきた。

Google Nest Mini を買った時、「電気を消して」 と言うだけで消してくれる電球があると知り、速攻買った。感動した。
明るさや色も変えられるなんて!!
今ではスマート バルブも 2 代目である。

目覚ましも言うだけでセットしてくれるし便利。ヤマアラシの鳴き声なども訊いたら教えてくれる。
'Chiwetel Ejiofor' の正しい発音なども。



とまぁこんな感じで、意味なくダラダラと書いてしまう。


比較的短い (?) から公開することにしよう。


画像は富山の海王丸近くでちくわに群がるとんび (タカ?)。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
EarlyBird

いただきましたサポート費は、面白い素材の購入費に充てさせていただければと思います。 ご支援誠にありがとうございます (^^)