ディエスソリューション株式会社

ベトナム・ハノイを拠点にするシステム開発会社です。 オフショア開発やプロダクト開発など…

ディエスソリューション株式会社

ベトナム・ハノイを拠点にするシステム開発会社です。 オフショア開発やプロダクト開発など記事にしていきます。 執筆者を1人に定めず、オフショア開発プロジェクトにJOINしている社員の様々な目線から発信します。

マガジン

最近の記事

Atlassian Forgeとは?アドオン開発をわかりやすく解説します!

「社内でJira Softwareを利用しています。社内の業務で使用するアプリ(アドオン)を開発したいのですが、どうすればいいでしょうか?」Atlassian製品を利用しているユーザーは、このような悩みを抱える方が多いのではないでしょうか。 Atlassian Cloud でのアプリ(アドオン) 開発方法としては以下2つがあります。 ・Forge(フォージ) ・Connect(コネクト) Connectは、Atlassian Cloud でのアプリ(アドオン) 開発として従

    • 年末特大号!2022年のハイライト〜スタートアップ1年で社員数2倍に。

      こんにちは!マーケティング部のディンです。 今年も残りわずかとなりましたが、皆様の2022年はいかがでしたでしょうか? 当社は皆様のおかげで、大きな成長を遂げた1年となりました。今回は当社2022年の出来事を一部ピックアップして振り返ります。ぜひご覧ください! 2022.1.20 会社設立2022年にクラウドサービス事業拡大に伴い、新会社「ディエスソリューション株式会社(DS SOLUTION, INC.)」を立ち上る運びとなりました。オフショア開発拠点としてディエスソ

      • 現役ブリッジエンジニアが語る!オフショア開発を成功させるためのポイント

        はじめにこんにちは!BrSE(ブリッジエンジニア)のフォンです。 当社では、アジャイル開発を取り入れたオフショア開発の活用を推進しています。オフショア開発にまつわるお役に立つ内容を定期的にお届けします。 今回ブログでは、オフショア開発を成功させるためのポイントについてご紹介いたします。オフショア開発においてどのような課題が存在し、その課題に対する対策を解説していきます。 オフショア開発の課題はコミュニケーション力近年日本国内のIT人材が不足している中、海外の企業やリソー

        • オフショア開発の単価はどのぐらい?ベトナムって安いの?!

          『オフショア開発白書(2022年版)』によりますととオフショア開発を検討する第1理由は「コスト削減」です。 コストに直結するものは「人月単価」、つまり1人のエンジニアが1か月働く場合のコストです。 初めてオフショア開発を検討する際に、これが最も重要なポイントではないでしょうか。 今回は、オフショア開発委託先の有名な国を対象に国別の人月単価を比較いたします。 確かに他の国に比べてベトナムが人月単価が割安です。 またマイナス2時間という時差も支障が少ないとよく言われます。

        Atlassian Forgeとは?アドオン開発をわかりやすく解説します!

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 初めてのオフショア開発シリーズ
          ディエスソリューション株式会社
        • オフショア開発 BrSEの日記
          ディエスソリューション株式会社

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          初歩的な質問だけど、「オフショア」ってなに?!

          金融ビジネスやIT業界に携わった人であれば、「オフショア・センター」や「オフショア開発」というのは馴染みのある概念ですが、一般にはあまり理解されていないようです。 今回はIT業界の用語について説明していきます。 「オフショア」は、英語の「offshore」のことです。 「離れて」という意味の「off」と「岸」を意味する「shore」が組み合わさってできた言葉で、本来は「そこから離れること」という意味を持ちます。 そのため一般的にビジネスで使用される場合、「自分の国から

          初歩的な質問だけど、「オフショア」ってなに?!

          日本とベトナムの時差は何時間?プロジェクトを進める上で支障があるか

          ベトナムのオフショア開発を利用する際に「日本とベトナムの時差は何時間?」、「システム開発の円滑に進めるために支障があるか」という疑問も寄せられております。 😊ベトナムの時差は日本時間からマイナス2時間です。日本とベトナムでは、あまり時差のない環境での業務ですのでご安心ください。 😊また、弊社では日本法人には専任のPM、BrSEもおりますので、時差を感じさせない対応がお客様にご好評をいただいております。 👉ベトナムのことやオフショア開発をもっと知りたい方はぜひDMください

          日本とベトナムの時差は何時間?プロジェクトを進める上で支障があるか

          オフショア開発を検討する理由・目的ランキング

          オフショア開発にまつわるすべての疑問を解決する「初めてのオフショア開発 シリーズ」 今回寄せられたのは、「最近オフショア開発が増えると聞いているのですが、どんな目的でオフショア開発を始めたのでしょうか」という疑問です。 『オフショア開発白書(2022年版)』データの元にオフショア開発を検討する理由・目的のランキングをまとめました。 「コスト削減」がオフショア開発の普遍的な理由ですが、「国内リソースが不足」「開発スピード向上」といった理由も注目されています。 ・オフショ

          オフショア開発を検討する理由・目的ランキング

          オフショア開発の契約について

          「初めてのオフショア開発 シリーズ」を始めます! 初めてオフショア開発を検討する際に、たくさんの疑問や不安を抱える方が多くいらっしゃるのはではないかと思います 「初めてのオフショア開発 シリーズ」は皆様のご不安、ご質問にお答えします。 今回のテーマはオフショア開発の契約形態です。 よく耳にする「請負契約」や「準委任契約」の違いやメリット&デメリットについて解説いたします。 ちなみ当社では、どちらの契約形態も対応可能です。 「IT人材を確保したい」や「システムを開発

          オフショア開発の契約について

          ディエスソリューションについて

          私たちについて 幅広い最先端テクノロジーでお客様のDXを加速するオフショア開発企業です。クラウドソリューション(Google Cloud Partner)、Web/Mobileアプリ、システム開発をご提供しております。  従来のオフショア開発とは異なるアプローチで独自のモダンオフショア開発サービスを提供します。 「共に新価値を創造し、企業のDXを加速するオフショア開発。」のミッションを挙げております。   【 特徴 】・Point 1:優秀な開発チーム確保 ハノイ工科大

          ディエスソリューションについて