見出し画像

乳幼児のスクリーンタイムの考え方

かつてはテレビ・ラジオといった機器がメディアの中心でしたが、近年ではスマホやタブレットといった新しい技術が導入され、就学前の乳幼児は現在の大人とは異なる環境で育っています。

スマホ・タブレットといった新しいメディアに関して、双方向性が保たれていれば教育的なポテンシャルはあるのかもしれません。
しかし、急速に脳が発達する重要な乳幼児期に、これらスクリーン機器を使いすぎる事による健康・発達への悪影響の懸念もあります。

今回は、0〜5歳におけるスクリーン機器(テレビ、スマホ、タブレットなど)において、
・何歳から使用しても良い?
・教育的コンテンツのメリットは?
・どのような環境下で使用すべき?
・健康上のデメリットは?
・発達上のデメリットは?
・家族(主に保護者)が気をつけるべきことは?
といった素朴な疑問に科学的根拠をもって答えられるよう、noteを執筆しました。

スクリーンタイムの推奨時間

画像1

スクリーンタイムとは、テレビ・スマホ・タブレットなど電子機器の画面を視聴する時間のことを言います。
2016年のアメリカ小児科学会(AAP)からの声明によると(1)、乳幼児におけるスクリーンタイムは、
• 2〜5歳は1時間未満
• 2歳未満は0時間(テレビ・スマホなどを見せない)
が望ましいと推奨しています。
(*注釈: 2015年までは、2〜5歳は2時間未満としていましたが、2016年に厳しくなりました)。

アメリカだけではなく、オーストラリアでも、同様の基準を推奨(2)しているようです。
やや基準が厳しいと感じる保護者の方々が多いと思いますが(私もそう思いました)、この推奨の科学的根拠はどこから来ているのでしょうか?

ここからは、この推奨の科学的根拠と考え方を解説していきましょう。

[ポイント]
米国や豪州の小児科学会は、小児のスクリーンタイムを以下のように推奨している
・2歳未満:0時間
・2〜5歳:1時間まで

この続きをみるには

この続き: 15,863文字 / 画像28枚

乳幼児のスクリーンタイムの考え方

Dr.KID

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

良質な記事をお届けするため、サポートしていただけると嬉しいです!英語論文などの資料取り寄せの費用として使用します。

51
「ドクター・キッド〜小児科医が解説する子供の健康・病気〜」という小児医療ブログ(dr-kid.net)を書いてる小児科医・疫学者。 小児医療の疫学研究をメインにしてます。 Noteでは、ブログの記事をまとめて、読みやすくしてお届けします。