エネルギーの法則 右手と左手
見出し画像

エネルギーの法則 右手と左手

「左進右出」という言葉があります。
これは「左から入って右から出る」という意味です。

これは身体に備わったエネルギーの法則のひとつです。

例えば、自分以外の人のエネルギーを整える時、
患部を左手で触れます。

すると、患部に蓄積していたであろうネガティブなエネルギーが
左手に吸い取られます。

そして、右手で患部を触れると術者の生体エネルギーが患部に流れ込み、
患部のエネルギー状態は整っていきます。

このようにすると簡単なヒーリングができます。
ただ、この方法だとネガティブなエネルギーをダイレクトに受け取ってしまい、その上、自分の生命力の一部を相手に分け与えてしまうことになります。

効果はあるのですが、術者の負担は大きくなってしまいます。

そこで、危険性を回避しながら有効に作用する方法論が工夫されてきました。

もし、エネルギーヒーリングを天職だと思うのであれば上記の方法を試して
術者の負担というものを体験しておくのもひとつの勉強と言えるでしょう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
太乙@note

宜しければサポートお願い致します。頂いたサポートは洞天福地運営のために使わせていただきます。

スキありがとうございます。
独特の手法で精神世界を旅してきて得た情報をお伝えしているHP『洞天福地』ではこれまで電子書籍を何冊か書いてきましたが、これからはこちらで記事として書いていこうと思います。https://plaza.rakuten.co.jp/doutenfukuchi/