エネルギーを意識してみる その壱
見出し画像

エネルギーを意識してみる その壱

エネルギーを感じ取ったり、コントロールしたりするためには
先ずは自分自身のエネルギーを感じ取る必要があります。

画像1

多くの場合、掌の間にエネルギーを感じ取ることから始めるのかも知れませんが、ただ単に掌どうしを向かい合わせて待ち続ければエネルギーを感じられるようになる?というような取り組み方では理想的な効果は期待できません。

まずは「掌の間にエネルギーが存在する」ということを認める、或いは受け容れることが必要です。

エネルギーの存在を受け容れることができればすぐにエネルギーを感じ取ることができます。

「エネルギーとはこんな感じだ」というような先入観は捨てて下さい。

最初にエネルギーの存在を受け容れて、次におもむろに両掌を向かい合わせる。

すると、「おや?何だこの感じは」というところから始まります。

そして、観察を続けることで「自分らしいエネルギーの感覚」が形成されていきます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
太乙@note

宜しければサポートお願い致します。頂いたサポートは洞天福地運営のために使わせていただきます。

スキありがとうございます。
独特の手法で精神世界を旅してきて得た情報をお伝えしているHP『洞天福地』ではこれまで電子書籍を何冊か書いてきましたが、これからはこちらで記事として書いていこうと思います。https://plaza.rakuten.co.jp/doutenfukuchi/