DORP

DORP(デザイナー・オープンリソースプロジェクト 通称ドープ)は、浜松やその近郊に点在するデザイナーを集約し、持てる力を最大化するプロジェクトです。クリエイターズ年鑑の発行、デザインカンファレンスなどを開催。https://www.dorp.jp

DORP

DORP(デザイナー・オープンリソースプロジェクト 通称ドープ)は、浜松やその近郊に点在するデザイナーを集約し、持てる力を最大化するプロジェクトです。クリエイターズ年鑑の発行、デザインカンファレンスなどを開催。https://www.dorp.jp

    マガジン

    • 浜松注染そめプロジェクト

      • 11本
      • 浜松注染そめプロジェクト

        • 11本

    最近の記事

    浜松注染そめプロジェクト 第1回ミーティング

    去る10/21(水)、注染工場を見学したクリエイターのみなさんが鴨江アートセンターに集まって、第1回ミーティングを行いました。 このプロジェクトが目指すもの浜松市産業振興課の杉浦さんから「浜松注染そめ」とはなんぞや、このプロジェクトの目的を説明してもらいました。 ・これまで注染工場は請け仕事が中心で、自ら商品を新規開発するのが難しい。 ・B to B 取引を前提とした流通・生産体制のため、消費者を対象とした小ロット、直接取引の対応が難しい。 といった、課題感を共有。

      • 【資料】浜松注染そめ

        浜松注染そめに関する資料をまとめてみました。(2020/09/11現在) 遠州産地振興協議会が発行する、遠州織物についての冊子。その第二弾として、染色整理加工のことを紹介しています。 浜松の歴史や文化、人物、産業などをまとめた「浜松情報BOOK」。地元の静岡文化芸術大学の学生さんが記事をまとめています。 浜松市のYouTubeチャンネル 浜松注染そめ~伝統に触れて楽しむ~ 浜松が誇る伝統技法を紹介しながら、浴衣や手ぬぐいなど、注染そめの製品を日常に取り入れる楽しさを提案

        • 浜松注染そめ × DORP

          DORPが活動する静岡県浜松市は、注染を使った染め物が盛んな地域です。浜松注染に関しては、こちらの記事を参照ください。 コロナ禍によって浜松注染そめが危機的状況に新型コロナウイルスの影響でお祭りやイベントが中止になり、手ぬぐいやゆかたといった注染の注文が激減。一方で、これまでのように手ぬぐいやゆかたに頼った需要では今後も限界がみられます。 浜松市も「遠州産地の学校」をはじめ、さまざまな施策をしていますが、事業者の厳しい状況を解決するにはまだまだ時間がかかりそうです。また、

          • はじめまして、DORPです

            2013年に発足した「デザイナー・オープン・リソース・プロジェクト」(略称、DORP〈ドープ〉)は、浜松に点在するデザイナーをつなぐことで、その持てる力を最大化することを目的に活動しています。 メンバーは、ウェブデザイナーの鈴木力哉(PLANPOT DESIGN WORKS)、グラフィックデザイナーの宮下ヨシヲ(サイフォン・グラフィカ)、コピーライターの大杉晃弘(写真と、企み)の3人。 活動の目的ここ数年、「デザイン」の役割が大きく変わる中、浜松に目を向けたとき、「デザイ

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 浜松注染そめプロジェクト
            DORP 他