働くママの「働きやすさ」とは何か?3パターンに分けてみた
見出し画像

働くママの「働きやすさ」とは何か?3パターンに分けてみた

松栄友希(まつばえゆき)

こんにちは、松栄です。ママパパ向け転職サービス「withwork」を運営していて、様々な方のお話を聞くのですが、それぞれのママさんが思う「働きやすい職場」は実は指しているものが全く違うなぁ、とよく感じます。

今日はこれを整理してみます。あなたの思い描く仕事はどんな状態なのか、どうすれば手に入るのか、そのヒントになるといいなと思います。

ママたちが考える「働きやすい」は大きく分けるとこの3つ

前提として、「家庭より何より仕事が大事!」のバリキャリのママさんを含めず、「家庭と仕事を両立させたい」と考えている正社員希望のママさんの話、とさせてください。

思い切って3つの分類に分けてみました。それがこちら!

画像1

仕事の難易度・タフさで分けていますが、給与も連動しがちなので、図にするとこうなります。詳細を見ていきましょう!

A)フルタスク型

時間制約ができても、出産前と同じように仕事がしたい、キャリアを伸ばしていきたいと思う方が指す「働きやすい」がこちら。

突発的な休みなどへの理解は欲しいけれど、「子どもがいるから」「時短だから」で遠慮されず、1人のビジネスパーソンとして期待され、適度に負荷のあるやりがいのある仕事を任され、責任を持って仕事にコミットできる環境です。

労働時間(いずれの場合もあります)
・時短勤務
・朝早くしてフルタイム勤務
・フレックスタイム制などでフルタイム扱い
・フルタイム勤務

メリット
・能力や経験値が伸びていくのでキャリアを伸ばせる
・年収は高め、昇進昇格も望める
・マネージャーを任される場合も

デメリット
・独身を含むフルタイムの人と比較された上での評価になるので、仕事の成果が出せないとしんどい
・業務時間外でも自主的なインプットなども必要
・頑張りすぎて体調を崩してしまう、などもあるので自己管理が必要
・仕事上、夜の稼働が必要になることもあるので、家族の理解や協力がないと難しい面も

B)限定タスク型

家庭をメインに考えたいから、時短の範囲で、ある程度やりがいのある仕事がしたい、と思う方が指す「働きやすい」がこちら。

仕事の負荷が高すぎると家庭との両立が難しい、だから子どもがもう少し大きくなるまではキャリアもスキルも停滞気味になるけど良いかな、というお話を聞きます。

労働時間
・時短勤務

メリット
・家庭と仕事のバランスがとりやすい
・キャリアを大きく落とさずにいられる

デメリット
・この中でも意識して新しいチャレンジや能力アップを目指さないとキャリアの停滞やダウンになりやすい(年齢は上がっていくので)
・年収はぼちぼち、昇給昇格も簡単ではない
・後輩にキャリアを抜かされるなどが起きる

C)単純作業型

今は子育てに最大限コミットしたいから、仕事はこなす程度で、と思う方が指す「働きやすい」はこちら。

マミートラックと言われることもありますが、それがありがたい面もある、と感じていらっしゃることが多いです。

労働時間
・時短勤務

メリット
・仕事の負荷がかなり少ない
・定時で帰れる
・休んでも周りへの影響力が小さい

デメリット
・キャリアダウンになり、このキャリアが長いと将来的にも元の給与に戻す、転職をするなどは難しくなる
・年収は低め、かつさらに下がることも
・単純作業がだんだん飽きてくることも
・派遣やアルバイトに置き換えられてしまうことも

問題は「自分がどのパターンか」の認識と、他社情報の取得が難しいこと

わかりやすく3つに分けましたが、実際はもっとグラデーションで差がわかりづらいです。私たちも、様々な企業の話、様々な方のお話をたくさん聞いた経験があるからこそ「この方がどのレベルを求めているか?」をやっと判断できます。ご自身ではっきりわからない場合は、この分野のサービスか、自分の前を行く複数の先輩ママとお話されてみるのがよいかなと思います。

また、インターネット上にあるさまざまな企業情報を見ても、各企業がA〜Cどれをイメージしているのかは非常にわかりづらく、また誤認してしまうことも多いです。

現状がつらい、不満があるため転職を考えるママさんは多いですが、この他社情報のわかりづらさがママが自力で転職活動をすることの難しさの1つとなっています。

違うパターンにキャリアチェンジしたいとき、どうしたらいいの?

私たちは普段ママさんたちのキャリアの相談、転職のサポートをしているので、その経験をもとにお話します。

A希望でかつ、現職がBやCの状態に置かれている方
転職をおすすめしています。時間制約があっても、やりがいある仕事でキャリアを伸ばせ、子育てに理解もある会社はあるからです。また、「もっと仕事にコミットしたい、成長したい」という思いは、求人企業にとってもプラスにうつります。

B希望で現在AやC状態の方
転職する方が良いのでおすすめしますが、転職活動は難航しやすいので注意が必要です。求人企業としては仕事に意欲的で自社の戦力になる方を求めているので、限定タスクをはじめから求めている場合は、企業の求める要件とぴったりマッチしている場合でなければなかなか受かりづらいのが正直なところです。

そのため、自分の経験やスキル、強みをしっかり整理して、長期戦を覚悟したうえでじっくり自分とマッチする企業を探すことをおすすめしています。

C希望の方
正直、現状転職は難しいのでおすすめはしていません。コロナの影響もあり、こういったスタッフ求人はかなり少ないです。また、単純作業は派遣社員やアルバイトの方に任せることも多く、わざわざ正社員で外から採用しない、その会社で育休復帰したもともとの社員だからこそ正社員としてその仕事を任せている、という企業の声が多いです。何か不満があっても、Cで正社員を第一優先にしたいのであれば、転職より自社で上手くやっていく方法を考える方のをおすすめしています。


今は、様々なママ向けサービスがあります。1人で悩まずに、相談しながら、お一人お一人のママが、納得できる道を選べればいいなと思います。

私たちwithworkでもお力になれることがあれば、いつでもお越しください。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!嬉しいです!
松栄友希(まつばえゆき)
heyのProductManager。主にSTORES(EC)とSTORES レジに携わっています。 日本CPO協会理事。働く2児の母です。