見出し画像

【メンバー紹介 #2】Hotsuyuki Kawanishi(Team AD)

こんにちは、AWS DeepRacerで世界一を目指してるDeep4Driveです!

前回からスタートしたメンバーの自己紹介企画,色んな方に見て頂いたようで嬉しい限りです!


さて、二回目となる今日登場していただくのは,AD(自動運転)チームのメンバーである川西さん(@ho_ttu)です! 開発で意識してること等について聞いてみました。


1. まずは簡単に自己紹介をお願いします!

高専
→大学編入
→休学して東京のドローンベンチャーと
ニューヨークのIT企業で長期インターンシップ
→大学院で自動運転の研究中

日本生まれの中国人です!

2. Deep4Driveを始めよう思ったきっかけは?

まさやさん(チーム代表)に誘われたから(笑)
でも強化学習の自動運転への応用は元々気になっていました。

3. 自分の趣味について、アツく語ってください(笑)

サッカーを観るのもやるのも好きです!2019年5月のチャンピオンズリーグのリバプールVSバルセロナは凄かった...(笑)

4. ずばり、自分を一言で表すと?**

多分ちょっと変な人って周りから思われてると思います。
自分はそんなつもりじゃないんですが...

5. Deep4Driveの醍醐味教えてください。

やはりリアルで車両がコースに沿って走れたときですね!

6. 開発の上で大切にしていることは?

多少冗長になっても読みやすい・意図がわかりやすいコードを書くこと。

7. 今、最も解決したい・興味ある技術課題は?(DeepRacer以外で)

地球環境問題

8. 海外への挑戦に興味ありますか?あるならどの様な形で挑んでみたいですか?

ヨーロッパと中国で働いてみたいです!

9. 自動運転の将来についてどう思いますか?

無人タクシーとか一般消費者向けってより,物流支援ロボットとか産業向けの方から実用化されると思います。人を運ぶより,物を運ぶが先にくると個人的には思ってます。

10. 最後に意気込みをお願いします!

東京大会で優勝してベガス行きたい!!

**

編集あとがき

チーム代表も,「油断するとホツがいつの間にかめちゃめちゃ開発進めててついてけなくなる時がある(笑)」と言うくらい、積極的にチームに参加してくれている川西さん。写真に写ってるドローンが気になります!

ニューヨークで長期インターンしてた点も、とても気になりますよね。エンジニアって国に捉われずに働きやすい職業でもあります。そんな中でも、学生時からアメリカでインターン経験を積んだという人は、まだまだ少ないんじゃないでしょうか。チームとしてもエンジニアの海外挑戦は気になってる話題。他にも気になる質問やテーマがあれば、是非お気軽にTwitter(@Deep4Drive)等でご連絡ください!

これからもどんどんエンジニアメンバーに質問を投げかけていく予定です。

次回もお楽しみに!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私たちはモビリティ分野でのオープンイノベーションを通じ、技術者を育成するコミュニティです。自動運転レースへの挑戦や、JR東日本様等との共同プロジェクト、新規価値創造等を行っています! モビリティに関するイベントも適宜開催中!

いつもありがとうございます😊
5
技術の進歩によりモビリティに大きな変革が起きている昨今、企業・大学・ビジネスの枠を超えた自由な発想こそがモビリティの新しい付加価値を創造するのでは。 「モビリティの未来を、オープンイノベーションで」を理念に、50名以上のエンジニアと共に、複数プロジェクトを実行しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。