これが韓国の現実!京畿道水原市の駅前置屋街「梅山洞集娼村」を見に行ってきた(追加画像あり)
見出し画像

これが韓国の現実!京畿道水原市の駅前置屋街「梅山洞集娼村」を見に行ってきた(追加画像あり)

この記事は「世界DEEP案内」で公開していたものを加筆、写真追加の上、noteにて再公開しているものです。

2015年に韓国には三度足を運んでいる。来る度に韓国特有の社会問題が顕在化した「置屋街」というものを何ヶ所も見て回ったが、ソウルや釜山といった大都会に限らずそこそこの地方都市に行っても同様にそうした場所が分かりやすい駅前一等地だとかにデデーンとあるのが韓国という国なのである。

で、今回やってきたのは首都ソウルから地下鉄1号線に揺られて小一時間で来られる衛星都市、京畿道水原市の水原駅である。ここは以前レポートしたウンコーな観光名所「解憂斎/Mr. Toilet House」がある街で、勿論そこに立ち寄る為に来たのだが、ここの駅前にもでかい置屋街があると聞いていた。

この続きをみるには

この続き: 2,500文字 / 画像21枚

これが韓国の現実!京畿道水原市の駅前置屋街「梅山洞集娼村」を見に行ってきた(追加画像あり)

逢阪

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
逢阪

当方も目下のコロナ禍で収入がガクっと減ってしまい取材活動に支障を来しておりますが、編集部長逢阪の命ある限り執筆を止める事はございません。読者の皆様からの応援が当編集部にとって心強い励みになります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

DEEP案内編集部のnoteです。全て100円からの有料記事ですが内容によっては高額です。購入前に趣旨をご了承頂いた場合のみご利用下さい。後対応不可。【重要】記事の内容は購入者個人でお楽しみ下さい。第三者や不特定多数への再送信は著作権法違反として法的措置対象となります。