見出し画像

埼玉・朝霞女子中学生誘拐犯が大学卒業後の新天地に選んだ街「東中野」を歩く

2014年3月に埼玉県朝霞市で起きた女子中学生誘拐事件は2年以上もの空白の期間を経て、突然誘拐された女子中学生本人からの実家への電話によって急展開を迎え、犯人である千葉大工学部所属、大阪府池田市出身の23歳の大学生・寺内樺風容疑者が逃亡後自殺未遂、その後の逮捕という結末に至った。

画像1

そんな犯人と女子中学生との2年にもわたる監禁生活の殆どは千葉大学近くの千葉市稲毛区にあるアパートの一室で繰り広げられていたのだが、寺内容疑者は新宿区にある消防設備関連企業への就職が内定し、その為に今年2月に住まいを中野区東中野にあるマンションへ移し、4月から社会人として、拉致監禁犯の素顔を誰にも見せぬまま、新天地での暮らしを始めようとしていた。

ここから先は

1,695字 / 9画像

¥ 100

期間限定 PayPay支払いすると抽選でお得に!

引き続き当編集部の事業収益が芳しくなく、取材活動に制限が掛かっている状況ではありますが、編集部長逢阪の命ある限り執筆を止める事はございません。読者の皆様からの応援が当編集部にとって心強い励みになります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。