【関西の闇】大阪府豊中市にある森友学園の土地を見に行ったら想像以上に闇の深さを思い知った
見出し画像

【関西の闇】大阪府豊中市にある森友学園の土地を見に行ったら想像以上に闇の深さを思い知った

逢阪

2017年2月~3月にわたり、大阪にある一つの私立学校の国有地取得に関わる問題で安倍首相や昭恵夫人を巻き込み連日の報道過熱ぶりと取材攻勢が続けられ国会が空転する羽目にもなった一連の「森友学園騒動」。

この学校の教育方針が相当アレなくらい右寄りだったのも左巻きご一同の怒りを買い安倍倒閣運動にも繋がったわけだが、当初は2月9日の朝日新聞紙面でのスクープ報道に端を発した右翼・安倍政権叩きのムード全開だった騒動も、疑惑の渦中にあった籠池泰典理事長(当時)の証人喚問や籠池妻と昭恵夫人とのメールの内容でそれとは真逆の左翼の際の際に居るはずの辻元清美議員に対して3つの疑惑がどうこう騒がしくなり、また民進党のお家芸である特大ブーメランか?と言われるあたりからパタっと報道が止んでしまった。

関西のアレな部分にはもっぱら敏感で好物である「大阪DEEP案内」はこれまで決して『忖度』してこの森友学園問題に触れなかったわけではないんですが、長らく東京に身を置いていることもあり、サイトも長らく放置プレイをかましたまんまで、この問題には当初あまり関心はなかったものの、何故か辻元議員の名前まで出されると、とうとう気になりだして夢中で調べ始めてしまい、結果居ても立っても居られず新幹線に飛び込み大阪に向かったのである。

この続きをみるには

この続き: 5,543文字 / 画像19枚

【関西の闇】大阪府豊中市にある森友学園の土地を見に行ったら想像以上に闇の深さを思い知った

逢阪

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
逢阪

当方も目下のコロナ禍で収入がガクっと減ってしまい取材活動に支障を来しておりますが、編集部長逢阪の命ある限り執筆を止める事はございません。読者の皆様からの応援が当編集部にとって心強い励みになります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

逢阪
DEEP案内編集部のnoteです。全て100円からの有料記事ですが内容によっては高額です。購入前に趣旨をご了承頂いた場合のみご利用下さい。後対応不可。【重要】記事の内容は購入者個人でお楽しみ下さい。第三者や不特定多数への再送信は著作権法違反として法的措置対象となります。