見出し画像

【松原市】上原善広「路地の子」の舞台、更池村を歩く

大阪市の南東部、大和川を隔てた先に広がる南河内地域は、通勤圏でありながら長閑な田園風景が残る一方、関西でも有名な食肉の産地として知られる。「食肉の帝王」と呼ばれたハンナンの浅田満元会長(収監中)が本拠地にしている羽曳野市の向野が代表的だが、もう一ヶ所、松原市に「更池」という地域がある。

この更池という地区も、羽曳野市の向野同様、食肉業に携わる人々が代々暮らしてきた土地である。旧被差別部落として扱われるこの地区出身で、その事をカミングアウトした上で自らの父親をモデルにその半生を描いた小説「路地の子」(新潮社)を世に送り出したライター・上原善広氏。その故郷である更池村には既に何度も訪れているが、その事を記す機会を失っていた。

この続きをみるには

この続き:3,666文字/画像17枚

【松原市】上原善広「路地の子」の舞台、更池村を歩く

逢阪

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13
DEEP案内編集部のnoteです。サイトで書くのを憚られる内容の濃い目のネタを有料配信中。興味ある方のみお読み下さい(内容によっては高額です。購入前にご確認を。後で文句言われても対応できません)。【重要】ここで得た情報の内容は、決してツイッター等のSNSで口外のないよう。