如来蔵

如来蔵

直子 デチェン

如来蔵(にょらいぞう)とは、『広辞苑』で、
「一切衆生に内在する仏となりうる可能性。煩悩に覆われた状態の真如。仏性と同義で、インドの中期大乗において発展した思想。」
とある。

チベット語ではde bzhin gshegs pa’i snying po といい、「如来の精髄」という意味である。

「誰でも仏陀になれる可能性」であるが、
それは何かといえば、「我々の心の空性」である。
これを「仏性」とも言うらしい。

心の空性とは何かといえば、
我々が感じている心の実体が欠如することで、

環境、状況に影響されて変化し、認識されるからこそ「心」として存在している縁起生であり、

変化し、関係性で成り立つからこそ、
「このように有る」と捉えられている確実な実在が欠如する、空である。

平たく言うと、「心に特定の本質(そのもの)は無い」ということで、
どうにでも変化する、ということである。

良くも悪くも変化するものであるが、良い方向に(仏陀になる原因を積む方向に)勤しめば、その結果として仏陀になることができる。
しかるべき原因を積めば、しかるべき結果を得ることができるので、
「仏陀の精髄」「仏性」と言うのである。

「特定の変化しない本質は無い」という空性は存在するもの全てにあるが、
「仏性」は知覚が有るもののみに有るという。

木や石に知覚が有るとは、今まで筆者が見てきた仏教テキストには書かれていなかったので、
「仏性」は全ての生きものや、意識のあるものには有るが、
木や石には無いとなる。

見方を変えれば、苦しみから解放する為の信仰であるなら、
苦しんでいる者こそに、苦しみから離れる解放が有るということになる。
木や石が苦しんでいると、
仏陀は感じなかったのかもしれない。

如来蔵、仏性は勿論わたしにもあるから、
それで修行しようというモチベーションに繋がるものである。

自分に如来像があるように、他の生きものにも如来蔵がある。
他の生きものの心も縁起生であり、空性であるからだ。

それを考えると、「この生きものは、仏陀になり得る心の空性を持っている」ということで、生きもの全てが有り難くなり、
ある先生は「目の前の犬にでも礼拝できる。」とおっしゃっていた。

心の空性は、太古の太古の昔から、未来永劫まで、変化することはない。
実在するのではないけれど、心がある限り心の空性もある。
なので今現在、今感じている心にもある。

それはどんな生きものでも同じなので、如来蔵を考えると、
全ての生きものが
幸せと、幸せの原因を具え、
苦しみと苦しみの原因から離れ、
苦しみの無い幸せと離れず、
親近と厭離、好き嫌いと離れた平等に留まっていることになる。

心の本来の状態は、これほどに平穏であるのに、
その状態に気付いていないので、苦しみの中にあると感じている。

心の本来の状態に気付く為には、
先ず、自分で「こうだ!」と思っている思い込みを外さなければならない。
思い込みが多ければ多いほど、強ければ強いほど、心の目は塞がれる。
正しい意味であっても、その思い込みが強ければ、心を硬く重くしてトラブルを生む。
宗教戦争の如くである。

思い込み(概念作用)を和らげるには、
五感を使うか、心地良い意識を感じて、自分をゆっくりと穏やかにしてあげると早い。
人間幸せな時は、考えに固執しないものだからだ。

自分の心にどんな思考が起こってもそれを許して、心が移り変わっていくことを感じることができれば、心に決められた様相が無いことが分かる。

心に決められた様相が無いことが分かれば、幸せになる原因を心に作ってあげれば良い。
信仰と関係が有ろうと無かろうと、ものごとの働き方は同じである。
良くしたら、良いものが返ってくる。
逆もまたしかり。

幸せになろうと思ったら、他者の幸せを作ろう。
そして自分が自然に幸せな結果を受け取れるように、思い込みも外そう。
そうすれば、心の空性の中で、ものごとは巡り巡って形を成してくる。

仏陀になる可能性の如来蔵も、
今ここで幸せになる可能性にも繋がっているのである。

そしてそれは、心あるもの全てに備わっている祝福でもある。
Merry Christmas!



DECHEN
https://www.dechen.jp
釈尊、龍樹達が説かれた「中の思想」を、チベットに伝わる仏教テキストから紹介するサイトです。

「ダウンロード(中観)」→『根本中論』『ブッダパーリタ』『顕句論』『正理の海』第1章~第6章公開中。
第7章、12月30日公開予定です。
中の思想を明らかにするテキストの代表作、『根本中論』と、その主要な註釈である『ブッダパーリタ』『顕句論』『正理の海』の三論書。

他にも、インド・ダラムサラで頑張っている仲間の紹介や、地震除け、
YouTubeチャンネル再生リストから、真言や祈願文のヒーリングミュージック、チベット関係の動画等シェアしています。
どうぞご覧下さい!【^-^】/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!幸せが訪れますように!
直子 デチェン
1999年初渡印。2003~2015年インド・ダラムサラ仏教論理大学聴講。現在も殆どヒマラヤの麓、ダラムサラで暮らす。 100円投げ銭サポート募集中!インド自炊で一食分・・・二食分?(^人^)ゞ