行為するもの・行為対象・行為者について説かれた経典

行為するもの・行為対象・行為者について説かれた経典

「そこで、声聞聖者は、
眼識の対象である、過去と未来と現在起こったこれらの形色であるものについて、(こう考える。これら形色は)
まさしく恒常か、まさしく堅固安定か、真如か、他ではない真如か、誤りの無い真如は何も無いけれど、
その幻は有る。幻となしたそれは有る。心を蒙昧とするそれは有る。
(幻のように現れた形色に対して)
彼は『どうでもよいものが有る。』と思い、
そのように(五感について)それぞれに考える。」

『仏説大乗流転諸有経』より

「眼が諸々の形色を見ず、意が諸法を知らず、何処かへ世間は入らない。これは、最勝の真実である。
何処かに縁が集まることによって(何かが)見られると、導師が良く示された、その居処を勝義であると捉えることは、思い込みに通じることになる。

眼と形色に依拠して、眼識がここに生じようとも、形色は眼に依拠したのではない。形色は眼に移ったのでもない。
無我であり、美しくないこの法(現象)を、再度、我であり美しいと思い込む。

無に誤った分別をして、それより眼識が起こる。
識が滅し、起こることから、識が尽き、増上すると見られる。
何も行き来は無く、空であり、幻に似ていると、瑜伽行者は見る。」

『優波離請問経』より

「眼とは、一切(の条件)を具えれば見るとなり、眼が諸々の形色を見ることも、夜に諸縁が揃わなければ見るとはならぬ。それ故に、『具有』と『離』とは妄分別である。

眼は現れに依拠して、快い、あるいは不快な様々な形色を見るので、
そのように現れに依拠して見るので、
それ故に、眼はいかなる時も見ることは無い。

快い音声とされるものは、それも、いつ時も内に入ったことは無い。
それが行くことは対象(認識されるもの)として有るのではなく、
分別(概念作用)の力によって、諸々の音声は起こるのだ。

歌や踊りや楽器の音も、捉えられる対象ではない。
夢のようであると知らぬ者にとっては蒙昧と執着の因となる。

全くの思い込みに執する無知な者達は見失い、
煩悩の奴隷である幼き者の如く、私はなっていないか?」

解説は、『正理の海』第3章[了義の経証と合わせる]にて。
〈DECHEN〉にて、11月30日公開予定!


DECHEN
https://www.dechen.jp
釈尊、龍樹達が説かれた「中の思想」を、チベットに伝わる仏教テキストから紹介するサイトです。

「ダウンロード(中観)」→『根本中論』『ブッダパーリタ』『顕句論』『正理の海』第1章・第2章公開中です。
第3章、11月30日公開予定。
中の思想を明らかにするテキストの代表作、『根本中論』と、その主要な註釈である『ブッダパーリタ』『顕句論』『正理の海』の三論書。

他にも、インド・ダラムサラで頑張っている仲間の紹介や、地震除け、
YouTubeチャンネル再生リストから、真言や祈願文のヒーリングミュージック、チベット関係の動画等シェアしています。
どうぞご覧下さい!【^-^】/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!幸せが訪れますように!
1999年初渡印。2003~2015年インド・ダラムサラ仏教論理大学聴講。現在も殆どヒマラヤの麓、ダラムサラで暮らす。 100円投げ銭サポート募集中!インド自炊で一食分・・・二食分?(^人^)ゞ