【利川聖隆】決してあきらめない名門光ジムの戦士、念願の日本タイトル挑戦に王手! 2021年10月30日
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【利川聖隆】決してあきらめない名門光ジムの戦士、念願の日本タイトル挑戦に王手! 2021年10月30日

◇日本ライト級最強挑戦者決定戦
 1位 利川聖隆(横浜光) 14勝8KO5敗
 ×
 2位 鈴木雅弘(角海老宝石) 6勝4KO

画像1

 デビュー戦でいきなり黒星を突きつけられたボクサーがコツコツと勝利を積み重ね、日本ライト級1位まで登ってきた。決して派手さはないが、攻守にバランスが取れ、ピカイチの粘り強さを誇る利川聖隆である。次戦で日本タイトル最強挑戦者決定戦の舞台に立つ25歳は自らのキャリアを振り返り、率直な思いをこう語った。

「デビュー戦が黒星ですし、負け越した時期もありますから、よくここまで来たという気持ちは正直あります。でも『チャンピオンにならないと意味がない』という気持ちはもっと強い。いくら1位といったところで、結局はベルトを巻いている人間と巻いてない人間の2つなんで」

 ベルトを巻かなければただの人。そう言い切る利川は中学2年生で横浜光ジムの門を叩いた。根っからのボクシング好きだった? いや、そうではなかった。

「そのときは部活もしていなくて時間と体力を持て余していたんです。中学2年生が時間と体力を持て余していたらろくなことはないですよね(笑)。悪い友だちに誘われますし、そういう付き合いができますし、流されていっちゃうんで。そんなとき、仲の良かった友だちが光ジムに通い始めたんです」

 友人についてボクシングの扉を開けると、入会手続きを済ませ、ジムに通う日々が始まるまでに時間はかからなかった。ボクシングのことなんて何一つ知らなかった。ただ、何かを変えたい、このままではマズイ、という気持ちが心のどこかにあったのだろう。ボクシングを始めて幸運だったのは、このスポーツとの相性が抜群にいいことだった。

「それまで特別に運動をしたことはなかったし、何かを夢中になってやったこともなかった。でもボクシングは気がつけばのめり込んでいたというか、夢中になれるものを見つけられたという感じでした」

 利川は最初からプロ志望。アマチュアは頭になかったが、中学を卒業してからプロのライセンスが取得できる17歳までのブランクがもったいないと指摘されてアマチュアの大会に出場するようになる。進学した神奈川県立鶴見総合高にボクシング部はなかったが、学校の特別な計らいで1人だけのボクシング部が認められた。アマチュアでめざましい成績は収められなかったものの、高校3年生でプロ転向を決意。デビュー戦は2014年8月のことだった。

画像3

 先述したように利川はデビュー戦に敗れ、その後もパッとした成績が残せずに苦しんだ。6戦して3勝3敗。この時点で、「ボクシングを辞める」という絶対に手にしたくなかったカードが手札の中に入ってきた。

「3敗目がTKO負けで、もう厳しいかなと思ったんです。やるからには上を目指したい。勝ったり負けたりだけど好きだからやる、みたいな気持ちは僕になかった。それで最後にあこがれだった新人王に出よう。どこまでいけるか試してみて、それでダメだったらあきらめよう。そう考えたんです。結局、東日本の決勝で負けたんですけど……やっぱりそこであきらめるわけにはいかなかったですね」

 中学生から光ジムに通う利川は、多くの先輩たちにかわいがられてきた。横浜光は畑山隆則、新井田豊、李冽理という3人の世界チャンピオンを輩出したジムであり、利川の学生時代も赤穂亮、金子大樹、胡朋宏、それに李というベルトを腰に巻いた選手たちが活躍していた。熱心にジムに通う中学生、高校生の目に、彼らの姿がまぶしく映ったのは言うまでもない。試合はもちろん、普段の立ち居振る舞いや、何気なく発する言葉まで、何もかもが光り輝いていた。

2012年に日本タイトルを獲得した金子が発したセリフはよく覚えている。

「オレは亮さんの背中を追いかけて、亮さんを超えるつもりでやってきたから。お前らはオレを超えるつもりでやれよ――そう言ったんですよ。本人は覚えていないかもしれないけど、僕は今でもよく覚えています。それもあってやっぱりチャンピオンには絶対にならないといけないという気持ちがあるんです」

 自称「臆病でネガティブ」な性格。それが悪い方に出ることもあったが、いつからかいい意味で開き直れるようになってきた。「緊張することは悪くないし、不安が大きいからそれを埋めようと練習する」。2018年に日本ランキングを獲得し、2020年に入るとランキングは1位まで上昇。コロナ禍もあってずいぶんと待たされ、ようやく今回の挑戦者決定戦にたどりついたのである。

画像4

中学生からの思いを胸にリングに上がる利川の前に立ちはだかるのが前日本スーパー・ライト級王者の鈴木だ。すでに一度は日本のトップに立っている選手であり、利川が高校2年生のときは3年生だった鈴木に負けている。あれから10年近くたっても戦前の予想は鈴木有利に大きく傾く。だからといってひるむつもりはさらさらない。

「高校生で対戦したとき、鈴木選手はもうけっこう有名な選手で、自分は神奈川県外の選手と試合をするのは初めて。あれから時間がたってますけど、鈴木選手はディフェンスもいいし、耐久力もありそうだし、何よりパワーがある。付け入る隙の少ない選手です。ただ、上を目指すからにはこういう試合に勝たないと先に進めないですから。何とか超えたいと思ってます」

 不利予想を覆そうと、敬愛する胡トレーナーと二人三脚で鈴木攻略の作戦を練り続けている。チャンピオンメーカー、横浜光ジムのDNAを受け継ぐ利川が新たな時代の扉をこじ開けるべく、勝負のリングに上がる。
<渋谷淳>

●ライブ配信情報
 ▷独占ライブ配信:10月30日(土)17時45分~試合終了時刻まで
 ▷アーカイブ期間:11月2日(火)23時59分まで
 ▷視 聴 料 金:3,000円(税込)一般チケット
 ▷特 別 解 説:京口 紘人 (WBA世界ライトフライ級王者)
          赤穂 亮 (元東洋太平洋・日本王者) 
 ▶販売サイトはこちら

画像2


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プロボクシングイベント『DANGAN』の公式noteです。