実験のセンス

実験のセンス

スポーツ界には迷信と真実が入り混じっている。その時強い選手がやっていることが流行る。その人がやっていることが万人に効くのかどうかはさておき、結果から原因を推測する。イチロー選手がカレーを食べていたからカレーにメジャーリーグで成功する秘訣があるのではと勘ぐる人はそこまでいないかもしれないが、トレーニングになるとそういうものは多い。

本当に効果があるものとそうでないもの。迷信と真実。それらの違いをどう分けるのか。科学が証明してくれるのを待っていてはトップのスポーツでは間に合わない。エビデンスといわれるものには量がいる。一つの例だけ見て判断することはできない。しかしトップの世界には人数がそれほどいない。科学的に証明されるころにはトップはもっと先に行っている。

自分の人生で証明するには実験しかない。今週はウォーミングアップで20分ジョギングをしてみる。翌週にはウォーミングアップで20分スクワットをしてみる。どちらがより良かったのかをその後感覚や数値化されたものも含め評価する。そして選択し検証を続けていく。

実験が少ない選手は、質問しても理屈しか言わない。正しいから、すごい選手がやっていたから、これまでもそうだったから。実験がない選手は疑いがない。今よりも良くなるのではないかという姿勢がない。自分が習慣的にやっていることを疑えない。検証してどちらがよかったかという比較がない。

会議に出て喋ってみた日とそうでない日。座る場所を変える日と変えない日。自分の行動によって相手の反応も変わる。皮肉なことに何も変わらないと言いながら、一番変わらないのが自分の行動であったということは多い。世の中がいつも同じなのではなく、自分が習慣に縛られているから世の中が同じ反応をしている。

能動的にトレーニングをするということは、自分で何かを変えてみてその結果を注意深く観察するということ。そうしてそこから得られた学びを活かすこと。その繰り返しで、迷信と真実は分けられ、自分なりの戦い方が生まれる。指示待ち人間は自分には実験する権限があることを知らない。今この瞬間にも自分はなにかを変えてその結果を観察する権利がある。

2014年12月02日 blogより

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハグ
人間を理解することをライフワークにしています。息子が一人います。 https://www.deportarepartners.tokyo/